現在の位置 : TOP > テレビ番組情報 > 藤原紀香の“人生を変える旅” 南米 アマゾン源流を行く 母なる大河と古代文明に挑む

ドキュメンタリー・教養

藤原紀香の“人生を変える旅” 南米 アマゾン源流を行く 母なる大河と古代文明に挑む

BS朝日 2013年02月09日 (土) 19:00 ~ 20:54

女優・藤原紀香が2週間の長期休暇を取って旅に出た。結婚・離婚をへて40代になった藤原が望んだのは“人生を変える旅”。その目的地として選んだのは、南米ペルー。幼少の頃から父や弟とアウトドアに親しみ、釣りが趣味だった彼女にとって、「アマゾン川でピラニアを釣る!」というのが、長年の夢だったという。その夢をかなえに向かったのはペルー北部、アマゾン川の源流部だ。アマゾン川というとブラジルのイメージが強いが、その源流はペルーにあり、ブラジル側よりも自然破壊が進んでいないことから、知られざる“動物の楽園”となっている。クルーズ中にはナマケモノやアリクイ、ピンクドルフィン(アマゾンカワイルカ)など、野生の珍しい動物を間近で見ることができる。また、念願だったピラニア・フィッシュングに大興奮! その釣果は…?

さらに、アマゾン川流域に暮らす原住民の村を訪れた藤原。目的は子供たちへの教育支援をすることにあった。実はここ数年、藤原はアフガニスタンや東ティモール、カンボジアなどで慈善活動を続けている。この旅でも、ノートやクレヨンといった文房具を子供たちに届ける。

番組の後半では、もうひとつの目的地であるペルー南部のアンデス地方を旅する。標高3400m、かつてインカ帝国の都だったクスコの街を出発し、アンデスの小さな村に寄りながら、天空都市・マチュピチュを目指す。旅のサポートをしてくれるのは、女性ガイドのステファニーさん。ペルー人だが、小さい頃に日本に住んでいた経験があり、日本語が話せる。ここからは、“女2人旅”がスタート!

まずはインカ時代から機織が盛んで、衣服などを作っている村を訪ねる。そこではアルパカの毛を使い、天然の植物などで色を付ける、伝統的な工法が今も全て手作業で行われている。モデルとしても活躍する藤原が、オーガニックへのこだわりを語った。また、“シャーマン”と呼ばれるアンデスの占い師に占ってもらうことに。すると、占いはあらぬ方向へと展開…。結婚観や家族のことなど、藤原のプライベートな一面が垣間見えた。

そして、2人は旅の最終目的地であるマチュピチュ遺跡へ。「ハイラム・ビンガム号」と呼ばれる豪華列車に揺られてたどり着いたのは、遺跡の麓にあるマチュピチュ村。普通の観光客は通り過ぎてしまうこの村には、知られざる魅力がいっぱい。プールのような天然温泉で長旅の疲れを癒やしたり、エコホテルに宿泊して、マチュピチュの自然遺産に触れる。ハチドリや珍しいランの花、メガネグマなどを見ることができる。

ついに到着したマチュピチュ遺跡は「天空都市」の名の通り、雲の中に突如として出現する石造りの巨大な街。今回の旅にふさわしい絶景の終着駅で、“人生を変える旅”の最後に、藤原は何を思うのか…?

【出演】藤原紀香

放送スケジュール

  • BS朝日 / 2013年02月09日 (土) 19:00 ~ 20:54

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索