現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 19歳のシンガー・ソングライター、Ranが3曲同時に配信デビュー

2020年02月10日

19歳のシンガー・ソングライター、Ranが3曲同時に配信デビュー

福岡出身のシンガー・ソングライター、Ran(ラン)が、2月21日(金)、「蘇生」「環」「ご飯の食べ方」の3曲同時に配信デビューする。

Ranは、福岡出身、19歳のシンガー・ソングライター。幼少期から音楽と触れ合うことや歌うことが好きで、中学3年生の時にある映画を観たことがきっかけで本格的にボーカルスクールに通うように。同時にギターとソングライティングをスタートした。

ミックスボイスとファルセットの美しさ、愛くるしいルックスの対角線上にあるエッジの効いた10代独特の正解を表現した刹那的な歌詞を武器に、現在、東京、福岡を中心に活動している。

そんな彼女が、このたび3曲同時に配信デビューを果たす。「ご飯の食べ方」は今年に入って音楽配信サイト・Eggsに配信したところ、アップロード2日目でデイリーランキング2位を記録。自らが歌うことで自らが救済されることをテーマにした10代の女子が感じる自己意識の世界観を表現した。

また、「蘇生」「環」の2曲は、ギタリスト・永井聖一をアレンジに迎え、永井ワールド全開の空間系エフェクターを駆使したギターワークや80’sニューウェーブを意識したアレンジとなっている。

19歳の若きシンガー・ソングライターの今後の活躍に期待が掛かる。

「蘇生」「環」「ご飯の食べ方」
2020年2月21日(金) Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、AWA、Rec Music、Amazon Music Unlimitedなど各サブスクリプション音楽配信サイトにて配信開始

2020年2月21日(金) 各250円(税込) iTunes、レコチョクなど各ダウンロードサイトにて販売

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索