現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】沖縄初が11店舗!「国際通りのれん街」がグランドオープン

2020年01月29日

【沖縄】沖縄初が11店舗!「国際通りのれん街」がグランドオープン

沖縄元祖ラーメン横丁

沖縄元祖ラーメン横丁



沖縄・那覇市の国際通り沿いに、2月1日(土)、「国際通りのれん街」がグランドオープンする。

「国際通りのれん街」は、昨年10月23日に1階「那覇市場」がシークレットオープン、12月16日に「国際通り横丁」が開店し第1期オープンを果たした。2月1日、地下を含め全4エリア32店舗がオープンとなる。

今回は、地下の「琉球横丁」「沖縄元祖ラーメン横丁」として14店舗が開店する。

「琉球横丁」の沖縄初出店は7店舗となる。一本一本丁寧に串打ちし、焼き上げたスタイリッシュな焼鳥店「琉球酒場 本田商店」、いろんなハイボールが楽しめるハイボールバー「BAR217」、昭和の歌謡曲が流れる酒場「カラオケ酒場『訳あり』」、貝や魚介の浜焼きを中心とし、豪快な鮪の断面刺し身、美容強壮鶏白湯おでん、焼きてびちなどさまざまな居酒屋料理が揃う「琉球 海味焼 ○上水産」、馬刺しをメインに、その他専門店ならではの一品料理が焼酎と共に楽しめる「大衆馬肉酒場 馬王」、国外・沖縄産を中心に8タップのクラフトビールを500円から提供するバーカウンター16席の店「クラフトビール しまねこ」、そして、3月にオープン予定の肉汁たっぷりの餃子と点心を中心にした中華タパスとオリジナルワインを楽しめる人気の餃子バル「アガリコ餃子楼」が初出店。

そして、牧場出身のオーナーがこだわりの仕入れで石垣牛、美崎牛を提供する「焼肉オリオン」、せんべろ酒場「でんすけ商店」の2店舗を加えて「琉球横丁」は全9店舗で構成。

また、「沖縄元祖ラーメン横丁」は全部で5店舗。うち沖縄初出店は4店舗。ミシュランガイド東京で3年連続ビブグルマンに輝いた「ソラノイロ」が沖縄初上陸。ギルトフリーでヘルシーな「ベジソバ」をメインに、中華そば、ヴィーガン担々麺など東京で人気のラーメンがそのままラインナップされる。

「ソラノイロ」の宮崎氏が自社のラーメンとは全く異なる切り口で創り上げたプロデュース店舗「島豚」をテーマにした豚骨ラーメン店「琉球豚骨ラーメン『島豚ヌードルズ』」も。「クリア豚骨」は豚骨清湯系、「クリーミー豚骨」は一風堂で修業した宮崎氏が作る王道豚骨系、「辛口豚骨」は自家製ラー油と山椒が決め手の刺激系。味変もできる「和え玉」もぜひ試したい。

沖縄そばの再構築をコンセプトに天然の鶏ガラ100%と沖縄の塩スープがウリの「琉球とろ肉そば」は、伝統的な沖縄そばの味をベースに、全く新しい沖縄の価値を表現。ほか、「極厚出汁巻きポーク卵おにぎり」も発売する。

13種類の食材から吟醸された秘伝の味噌に豚骨スープを合わせた「真武咲弥」も沖縄初出店。炙って仕上げる野菜とニンニクで心地よい香ばしさを与える味は、しっかりしながらもさっぱりと、また食べたくなる味となっている。

そして、「山頭火」は、新メニューも取り揃えて新たにスタートする。

新たにオープンする全14店舗中11店舗が沖縄初出店となる「国際通りのれん街」。今後の反響が楽しみだ。

琉球横丁
でんすけ商店
琉球酒場 本田商店
琉球 海味焼 ○上水産
大衆馬肉酒場 馬王
アガリコ餃子楼
ビーガン担々麺(ソラノイロ)
ベジソバ(ソラノイロ)
琉球横丁

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索