現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 高杉真宙が「マジンガーZの格納庫を実際に作るとしたら?」を真剣に考える!?

2019年06月20日

高杉真宙が「マジンガーZの格納庫を実際に作るとしたら?」を真剣に考える!?



2003年からウェブにて連載されているブログ「前田建設ファンタジー営業部」が映画化され、2020年に公開されることが決定。主演を、若手俳優の高杉真宙が務めることが分かった。

「前田建設ファンタジー営業部」は、実在する建設会社・前田建設工業株式会社が、「アニメやゲームの世界に存在する、特徴ある空想上の構造物・建造物の建設を『本当に受注し、技術の枠を集約し、実現したらどうなるか?』という企画を、工期や工費を含めて正確に検証していくブログ連載。同社の公式サイト上で展開されている。

このたび、その連載が映画化されることが決定。高杉が演じるのは、ファンタジーの世界からの受注という奇想天外な企画を考えた破天荒な上司を、冷静かつドライに眺めながらも、徐々に周囲の熱量に影響されていく若手サラリーマン・土井航

物語の舞台は、2003年、バブル崩壊後の建設業界。ある日、広報グループ長が、アニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで目にする地下格納庫兼プールを、「現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?」「マジンガーZが格納されている光子力研究の所長・弓教授から受注を受けたという形の連載をスタートしよう、と提案。

土井はいやいやながらもプロジェクトに携わっていくうち、社内外の技術者たちの熱意、架空のものに対してどこまでも真剣に向き合う姿を目の当たりにして、意味のないことと思っていた業務に本気で取り組んでいくようになる。

主演を務める高杉は、「マジンガーZ、ではないその格納庫を作るためにみんなが奮闘する話。そんな、なかなかないお話がまずは単純に面白い! と思いました。周りの皆さんはかなり濃いので、そこに巻き込まれながら自分は自分のキャラクターをブレさせないように、と演じてきましたが、特にファンタジー営業部のメンバーの皆さんは強烈で、毎日の撮影が戦いだった気がします」と笑いを交えてコメントした。

そして、「すごくちぐはぐで撮影している時は映画っぽくないな。どんな作品になるのか、今までで一番予想がつかないな、と思っていたんですけど、確実に素敵な作品になっていると思います。夢を見させてくれる、そして、思い出させてくれる映画なんじゃないのかな、と思うので、たくさんの方に観ていただきたいです」とPRした。

監督は、『映画 賭ケグルイ』『あさひなぐ』『ヒロイン失格』など数々のヒット作を生んできた英勉氏。「これは夢のお話だと思っています。大人の夢、子供の夢、仕事への夢、マジンガーZへの夢。観て頂く皆さんにも、いろんな夢がご自分の近くにもあるんだと思ってもらえれば幸いです。色々タダでは済まさない仕掛けを用意しています。が、お手柔らかにお願いします」とコメントを寄せた。

映画の公開、および、“濃い”メンバーに囲まれた高杉がどんな演技を見せるのか、注目が集まる。

映画『前田建設ファンタジー営業部』
2020年全国公開

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索