現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】一人ひとりが輝ける場所を! 高校生自ら企画出演のイベント「にんきもん」開催

2019年02月18日

【沖縄】一人ひとりが輝ける場所を! 高校生自ら企画出演のイベント「にんきもん」開催

沖縄県内の高校生らによる合同学園祭「にんきもん2018」が9日、那覇市おもろまちの那覇メインプレイス2F特設ステージで開催された。北は名護市から南は糸満市まで、県内28校、約97人の現役高校生が参加。歌やダンス、お笑い、ファッションショーなど多彩なステージを披露し、来場者を楽しませた。

「にんきもん」は県内の高校生らが企画、運営。高校生のための輝く場を提供することを目的にスタートし、今回で3回目となる。高校生たちにとって身近なSNSを利用した告知が功を奏して、1000人を動員するまでに成長。その“情報拡散力”には地元企業やメディアも注目しており、沖縄セルラー電話が冠スポンサーとして協賛するほか、イベントから派生したラジオ番組「にんきもんラジオ」(RBCiラジオ)の放送に続き、4月には新番組「にんきもんTV(仮)」(RBC琉球放送)のオンエアも決定した。

オープニングでは、高校生を中心とした人気ダンスチームがダイナミックな演技を披露。お笑い部門に出演した4組は息の合った掛け合い漫才で爆笑をさらった。歌部門の出場者らは、UFOなどのカバー曲からオリジナルRap、ビートボックスをリズム良く歌い上げて会場を盛り上げると、那覇工業高校服飾デザイン科の3年生24人は、自分たちが手掛けた衣装をまとい、さっそうとウォーキング。個性豊かなデザインで観客の目を引き付けた。

今回のスペシャルゲストとして、沖縄出身7人組ガールズグループのチューニングキャンディが登場すると、会場の熱気はさらに上昇。新曲を含む5曲を熱唱し、息のあったライブパフォーマンスを見せた。

また、イベントの模様はRBCiラジオ「にんきもんラジオ」で生中継され、番組とのコラボステージも展開された。

イベントのラストは、総勢50人によるファッションショーを開催。モデルたちが音楽に合わせて軽やかに歩くと、観客はスマートフォンで写真を撮ったり熱心に見入ったりしていた。

最後は出演者がステージに勢ぞろいし、エンディング。会場が一体となりイベントの成功を喜んだ。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索