現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】石垣島からありがとうを届けたい!「アトム通貨」が好評

2011年10月19日

【沖縄】石垣島からありがとうを届けたい!「アトム通貨」が好評

2011年8月6日から石垣市内のやいま大通りで「アトム通貨」の流通が始まり好評を得ている。

同通貨は地域コミュニティーの育成と街の活性化を目的とした地域通貨。単位は「100馬力(100円)」「50馬力(50円)」「10馬力(10円)」の3つ。「何かをしてくれた人へ感謝の気持を伝えたい」という思いを応援し、ありがとうの輪をつなげる“THANKS MONEY”として利用され、イベントやプロジェクトに参加してもらうことができる。

「地ビール空ビン回収プロジェクト」では石垣島ビールの空きビンを洗って持参した人に、1本につき10馬力を、「石垣島 白保サンゴ礁保全プロジェクト」では植樹や清掃などの活動に参加した人に10~100馬力を進呈する。他にもさまざまなプロジェクトがあり、子どもから大人まで楽しみながら気軽に参加できる。
11月5日(土)・6日(日)に開かれる石垣島最大のイベント「石垣島まつり」ではまつりボランティアスタッフに500馬力(約100人)、まつりパレードコンテストにて賞金総額10万馬力が贈られ、2012年1月22日(日)に開催され4千人ものランナーたちが参加する「石垣島マラソン」でも同通貨の発行が予定されている。

同通貨を導入するきっかけは、地域内経済循環と持続可能な観光産業の創出を目的とした「いしがきブランディングプロジェクト」の取り組みのなかで、「地域通貨」についての勉強会やセミナーへの参加・視察を重ねた結果、「アトム通貨」を取り入れることを決定。立ち上げ時の加盟店を大通り会に絞って募集したことにより、利用者にも「使える店」が分かりやすくPR効果を高めた。通貨の流通から2カ月が過ぎたが、住民や商店街からも好評で今後の目標として加盟店舗数を100店舗にのばし、さらに利便性を高めたいという。

石垣市商工会事務局長の平田陸(ひらた まこと)さんは「『アトム通貨』でありがとうの気持ちを伝えて地域経済の活性化を目指し、南の島から日本に元気を届けます!!」と語る。

同通貨の使用期限は2012年2月29日(水)まで。石垣島に行く機会がある人はぜひプロジェクトやイベントに参加し、アトム通貨で“ありがとう”の輪をつなげてみては?

アトム通貨 10馬力
アトム通貨 50馬力
アトム通貨 加盟店 通貨がもらえる
アトム通貨 加盟店 通貨がつかえる

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索