現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 桜庭ななみの堂々としたプレゼンターぶりに拍手喝采!

2018年09月02日

桜庭ななみの堂々としたプレゼンターぶりに拍手喝采!

アジアで開催される映画祭で最長の歴史を誇る「アジア太平洋映画祭」が、9月1日、台湾・台北市内で開催され、女優・桜庭ななみがレッドカーペットに登場、プレゼンターを担当した。

今年で58回目を迎える「アジア太平洋映画祭」は、アジア映画製作連盟が主催となり1954年に創設。過去、日本からは堺雅人、内田けんじ監督などが出席している。

桜庭はこれまで、2016年にアジア・太平洋の映画産業に最も貢献した映画人へ贈られる「APNアワード」を行定勲監督、俳優・浅野忠信とともに受賞。授賞式では日本語・中国語・韓国語の3か国語でスピーチをし、大きな喝采を浴びた。

また、同年日韓合作映画の主演や台湾の連続ドラマでもゲスト主演を務め、中国語で演技をするなどアジア圏でも幅広く活動し、2017年にはジョン・ウー監督の映画『マンハント』で日本人主要キャストに抜擢。北京・台湾プレミアでは会見やインタビューに全て通訳を介さず中国語で対応し、現地報道陣を驚かせた。

そんな桜庭が「アジア太平洋映画祭」にプレゼンターとして参加。映画祭がスタートすると、中華圏で有名な女優、リー・シュアンと腕を組みながらレッドカーペットを歩行。

式典では、台湾で数々のヒット作品に出演する実力俳優、クー・シューユエンとともに最優秀脚本賞を発表した。全て通訳も入れず、ここでも桜庭は流暢な中国語を披露し、拍手喝采の中でプレゼンターを務め上げた。

桜庭は「台湾の映画祭に日本の女優代表として招待していただけたことはすごく光栄で嬉しかったです。台湾は以前、留学して、連続ドラマの撮影もさせていただいた場所なので、その地での映画祭は特別な気持ちになりました」と感慨深げ。

また、「アジアの作品が好きな私にとってスタッフ、キャストが集まる場に立つことは大きな刺激となりました。レッドカーペットでは台湾で活躍されているリー・シュアンさんと歩かせていただき、お話させていただきました。中華圏の方に私の作品を見てもらえる機会も増えてきているので、今日出会えた皆さんと一緒に作品作りをしていきたいと強く感じました」と感想を披露した。

アジアでの活躍が期待される桜庭にとって、「アジア太平洋映画祭」のプレゼンターは今後の大きな実績となりそうだ。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索