現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】戦後写真界に多大な影響を与えた写真家・東松照明の写真展

2011年09月21日

【沖縄】戦後写真界に多大な影響を与えた写真家・東松照明の写真展

沖縄県立博物館・美術館では9月23日(金)から企画展「東松照明と沖縄 太陽へのラブレター」を開催する。

東松は戦後日本の写真史に数々の重要な足跡を残した1930年生まれの写真家。生まれこそ愛知・名古屋だが、1969年に「アサヒカメラ」の特派員として沖縄を2カ月間取材したことを皮切りに、1972年の沖縄の日本復帰を那覇市で迎え、その後、宮古島に移住するなど、現在まで42年間にわたり、レンズを通して沖縄を見続けている。戦後日本の写真界、とりわけ、沖縄の写真家に大きな影響を及ぼしている。1975年に毎日新聞社より発行された写真集「太陽の鉛筆 沖縄・海と空と島と人びと・そして東南アジアへ」は、沖縄の島々と東南アジアに密着して撮影された写真230点が収録されているが、約10年間、沖縄と対峙してきた東松が、アメリカニゼーションを拒む強靭で良質な沖縄文化から感じたことを写した作品が集められている名作だ。若くして活躍する写真家・石川直樹もこの写真集がきっかけで沖縄に興味を持ち、以後、沖縄を写した作品集を発表した。若い写真家に影響を与えながら、東松は写真家としての活動はもとより、シンポジウムやワークショップ開催など、現在も精力的に活動を続けている。

この写真展では、そんな東松の作品約240点が一堂に会する。構成としては、「I章 敗戦日本の原風景<チューインガムとチョコレート>1959-67」「II章 占領シリーズ最後の地『沖縄』<OKINAWA 沖縄 OKINAWA>1969」「III章 さびしさを思想化せよ。<太陽の鉛筆>1969-1973」「IV章 カラーへの転換<南島><光る風>1973-1979」「V章 写真はイメージで綴るラブレター<琉球ちゃんぷるぅ>-2011」の5セクションからなる。時系列ごとに東松の写真思想に迫るというコンセプトだ。

期間中は、2回のシンポジウム、5回のギャラリー・トーク、2回のキュレーター・トークのほか、デジタルワークショップでの制作作品を展示するイベントも行われる。特に、10月30日(日)のシンポジウムには、先述した写真家・石川らが出席するパネルディスカッションも実施されるなど興味深い。

9月23日から約2カ月間、大規模な開催となるこの写真展。折しも芸術の秋となるこの時期、写真家として紫綬褒章を受賞した経験を持つ東松照明の世界にどっぷりと浸ることができる、とても貴重なイベントだ。

「東松照明と沖縄 太陽へのラブレター」
2011年9月23日(金)~11月20日(日) 沖縄県立博物館・美術館 企画ギャラリー1・2で開催
[観覧料]一般:1000円/高校・大学生:700円/小・中学生:300円(すべて税込)
※前売り、および20名以上の団体は一般:800円/高校・大学生:560円/小・中学生:240円(すべて税込)
[プレイガイド]ミュージアムショップゆいむい、リウボウサービスカウンター、コープあぷれ、ファミリーマート各店(イープラス)、ローソン各店(Lコード:81889)、ジュンク堂書店那覇店、Booksきょうはん美浜店・一日橋店・とよみ店・安謝店、田園書房宜野湾店、球陽堂書房那覇メインプレイス店、西原シティ店、TSUTAYA那覇新都心店・首里店

【関連イベント】
[シンポジウム](本展の鑑賞券または半券が必要)
2011年10月2日(日) 14:00~18:00 講堂
第1部 対談:「太陽の鉛筆」と宮古大学(仮題) 東松照明、下地恵子(元宮古大学メンバー)
第2部 基調講演「インターフェイスへ-東松照明の作品世界」:飯沢耕太郎(写真評論家)
第3部 パネルディスカッション:飯沢耕太郎、大城弘明(写真家)、金平茂紀(TBS「報道特集」キャスター、同局執行役員)、下地恵子/コーディネーター・仲里効(批評家)

2011年10月30日(日) 14:00~17:00 講堂
第1部 対談:「さびしさを思想化せよ。」(仮題) 東松照明、吉増剛造(詩人)
第2部 パネルディスカッション:石川直樹(写真家)、宮良信男(写真家)、今郁義(北谷町生涯学習プラザ館長)、タイラジュン(写真雑誌「LP」編集発行)、根間智子(美術家)/コーディネーター・新里義和(本展担当学芸員)

[ギャラリー・トーク]各回15:00~16:00 企画ギャラリー内(本展の当日有効の鑑賞券が必要)
2011年9月24日(土) 山田實(写真家)
2011年10月1日(土) 宮良信男(写真家)
2011年10月8日(土) 大城弘明(写真家)
2011年10月15日(土) 翁長直樹(美術評論家)
2011年11月19日(土) 仲里効(批評家)

[本展担当学芸員によるキュレーター・トーク](本展の当日有効の鑑賞券が必要)
2011年10月22日(土)、11月5日(土) 15:00~16:00 企画ギャラリー内 新里義和(本展担当学芸員)

[デジタルワークショップ展覧会]
2011年9月27日(火)~10月2日(日) 県民ギャラリー2・3、県民ギャラリースタジオ

「東松照明と沖縄 太陽へのラブレター」詳細

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索