現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】県外で活躍した沖縄県人の姿を貴重資料をもとに振り返る

2011年09月20日

【沖縄】県外で活躍した沖縄県人の姿を貴重資料をもとに振り返る

沖縄県立図書館では、9月21日(水)より、展示イベント「沖縄県立図書館所蔵資料にみる移民展」を開催する。

このイベントでは、同図書館に所蔵されている膨大な資料の中から、豊かさを求めて海外に渡った沖縄人(うちなーんちゅ)が異国で苦労した話や活躍した話などを記念誌、個人伝記、さらには、市町村市史(誌)などから浮き彫りにしていく。また、八重山地域の移住に関する資料を展示、新聞記事では、第1回布哇移民から最近までの主な出来事などのコピーをパネルで見せる。

10月12日(水)からは5回目となる「世界のウチナーンチュ大会」が開催される。そんな大イベントを控えたこの時期、沖縄県外で活躍した先人たちの姿を学ぶいい機会となりそうだ。

ト「沖縄県立図書館所蔵資料にみる移民展」
2011年9月21日(水)~9月30日(金) 入場無料 9:00~19:00(休日は9:00~17:00) 沖縄県立図書館1階エントランスホール&2階郷土資料室で開催
※9月23日(金)と27日(火)の定期休館日は展示会も休み
問い合わせ:098-834-1218(沖縄県立図書館 奉仕班)

「沖縄県立図書館所蔵資料にみる移民展」会場の様子
パネル展では貴重な新聞記事が並ぶ
パネル展は時系列で学ぶことができる
資料の中には図版も多数
沖縄移民史の年表
最重要資料はショーケース内での展示
「政府計画移民」の様子を伝える当時の新聞記事
「ハワイ・タイムス」など海外新聞の記事も展示
2階の「郷土資料室」でも開催
「郷土資料室」では資料ごとに実際の書籍を閲覧できる
「郷土資料室」では資料ごとに実際の書籍を閲覧できる
「郷土資料室」では資料ごとに実際の書籍を閲覧できる

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索