現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】沖縄の郷土料理・中味汁がポテトチップスに!

2018年02月20日

【沖縄】沖縄の郷土料理・中味汁がポテトチップスに!



カルビーは、2月19日から、沖縄の郷土料理・中味汁の味を再現した「ポテトチップス 中味汁味」を沖縄のほか九州7県で発売中。期間は、3月末まで。

カルビーは、2017年から、各都道府県と一緒に、地元の食材や郷土料理を活かした「#地元チップスPROJECT」を始動。第1弾として、昨年9月に「青森にんにく味」「山形芋煮味」「長崎あごだし味」など全17種類の味をリリース。

続いて、11月に第2弾として、「北海道ちくわパン味」「神奈川シューマイ味」など全19種類を発売した。

今回は、沖縄のほか全14種類を販売する。沖縄の「中味汁味」は、昨年からアイデア出しをするワークショップ、試食会を重ねた結果、郷土料理の中味汁が選ばれ、味やパッケージを決定していった。

ほかに、にんじんしりしり味、あんだんす味などの案も出たが、味の再現性が高く、県民にとって親近感があるという理由から、中味汁に決まった。

中味汁は琉球王朝時代から作られている料理で、現在でも、お正月や新築祝いなど、沖縄の行事には欠かせない郷土料理。豚モツを具にしたお吸い物で、かつおだしと調和し、上品でやさしい味が特徴。

パッケージの背景には沖縄の伝統工芸である琉球紅型の柄を採用。また、花笠踊りとエイサーのシルエット、沖縄のお箸である「うめーし」、沖縄観光PRキャラクターの花笠マハエ&マハ朗がプリントされている。

開発を担当した同社の吉田藍さんは、「中味汁はお正月などのハレの日に食べられる料理だそうで、たくさんの方からご意見をいただきました。『これを食べると沖縄に帰ってきたなーと思う』という声もあり、食べるとホッとする郷土料理として、沖縄県の方に愛されているんだなと感じました」と感想を。

また、「『豚モツは丁寧に何度も洗うから臭みはほとんどないんです』という生の声を参考に、かつおだしベースにほんのりと豚モツの風味が感じられるように味を調整しました。トップにはふんわりと生姜の香りも感じられるようにしました」と開発の苦労を口にした。

「ポテトチップス 中味汁味」は、沖縄、九州7県のほか、全国のカルビー直営店・アンテナショップでも販売される。全国の沖縄ファンの話題を呼びそうだ。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索