現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > カンテレアナウンサー・坂元龍斗、服部優陽が 『R-1ぐらんぷり2018』2回戦に登場!

2018年01月22日

カンテレアナウンサー・坂元龍斗、服部優陽が 『R-1ぐらんぷり2018』2回戦に登場!

(C)カンテレ

(C)カンテレ

ひとり芸の最高峰を決める『R-1ぐらんぷり2018』。出場条件は、ただ1つ。“ひとり芸”であること。プロ・アマ問わずに出場できるこの大会。本日大阪で行われた2回戦にカンテレの坂元龍斗アナウンサー(入社10年目)、服部優陽アナウンサー(入社2年目)が登場。カンテレアナウンサーは過去、岡安譲アナウンサーが『R-1ぐらんぷり2006』に、吉原功兼アナウンサー、堀田篤アナウンサー、川島壮雄アナウンサー、坂元龍斗アナウンサーが『R-1ぐらんぷり2009』に参戦し、坂元アナが2回戦進出、前回の『R-1ぐらんぷり2017』でも、服部優陽アナが2回戦進出を果たした実績がある。

坂元アナ・服部アナともに1回戦のネタをブラッシュアップして登場!日ごろは報道番組でフィールドキャスターを務めている坂元アナは、アナウンス技術をいかした“滑舌テスト”がテーマのネタを披露。 「老若男女 骨粗しょう症 訴訟 勝訴」、「赤炙りカルビ 青炙りカルビ 黄炙りカルビ」といったユニークなフレーズを巧みに使いつつ、アナウンサーとしての技術も見せつけ、会場を沸かせた。

一方、スポーツ番組を中心に活躍中の服部アナも、母親からおつかいを頼まれたという設定のコント“勇者のお買い物”を披露。1回戦のときも登場した“白仁田ネギ”というワードを押しに押しまくるチカラ技で会場の笑いを誘った。落選の一報を受けた坂元アナの第一声は、「厳しいですね(涙)」。落胆した様子を見せたものの、「笑いに命を懸けてお金を稼ぐことのすごさを改めて実感しました」と充実の様子。「今回よりも面白いネタが浮かべば、来年も出たいと思います」と意欲を見せた。ショックを受けた様子の坂元アナに対し、服部アナは「予想通りです(苦笑)」と納得顔。「“アナウンサーの枠を超える”というやりたかったことはできた」とこちらも、満足げだった。

『R-1ぐらんぷり2018』決勝は今春、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送。

【坂元龍斗アナウンサーコメント】
厳しいですね(涙)。でも、やり切りました! あれ以上のことは今の僕にはできないのかなと思います。
9年ぶりに「R-1ぐらんぷり」に出てみて、笑いに命を懸けてお金を稼ぐことのすごさを改めて実感しました。芸人さんってやっぱりすごいですね!
いま報道番組をやっていますが、芸人さんともお仕事をご一緒できるように頑張ります。
今回よりも面白いネタが浮かべば、来年も出たいと思います!

【服部優陽アナウンサーコメント】
予想通りです(苦笑)。でも、大きな舞台でネタができて楽しかったです。悔しい気持ちはあまりなく、やりきったという感じです。アナウンサーでこんな格好している人はいないと思いますし、“アナウンサーの枠を超える”という、やりたかったことはできました。
来年もたぶん出ます! 3回戦行かないと終われないじゃないですか(笑)。

ともに敗退で、カンテレアナウンサー初の3回戦進出ならず…。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索