現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】沖縄音楽の新旧を丁寧に伝える「沖縄音楽旅行」最新号発刊

2017年08月27日

【沖縄】沖縄音楽の新旧を丁寧に伝える「沖縄音楽旅行」最新号発刊



沖縄の音楽シーンを「旅」をテーマにまとめたフリーマガジン「沖縄音楽旅行」の通巻24号が配布中。

今回の表紙は、「沖縄音楽を世界へ」をテーマに、14〜17世紀に対中国貿易で用いられていた官船「進貢船」がモチーフになっている。

「OKINAWA GOOD LOCATION PHOTO ESSAY 100 OKI SONG」は、恩納村(おんなそん)の歌人・恩納ナビィが詠んだ恋の歌3首を紹介。琉球の美しい言葉を使って、恋愛や世の中に対する思いを綴っている。

沖縄民謡唄者・堀内加奈子の「MUSIC JOURNEY」は、名護市二見にある「二見情話」の歌碑を訪問。激しい沖縄戦で北部に疎開した南部出身の照屋朝敏氏が、疎開先で受け入れてくれた二見の人に感謝の思いを表した。

インタビューでは、6月にアルバムをリリースしたKACHIMBA4、デビュー5周年を迎えた上間綾乃、そして、9月20日(水)にシングル「今帰仁の春」を発売する大城バネサらが登場する。

今号も新旧の沖縄音楽を紹介している「沖縄音楽旅行」を手に、沖縄を旅してみよう。

「沖縄音楽旅行」(Vol.24)
2017年8月15日より配布開始
仕様:サイズA5版(タテ210mm×ヨコ158mm)
ページ:30ページ/カラー:4色
設置店:CDショップ、カフェ、アパレルショップ、ライブハウス、
土産品店、リゾートホテル、県外わしたショップなど約150店舗

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索