現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 若手女優・高月彩良の20歳の誕生日をサプライズ祝福!

2017年08月09日

若手女優・高月彩良の20歳の誕生日をサプライズ祝福!



現在放送中のドラマ「脳にスマホが埋められた!」(読売テレビ・日本テレビ系)の8月31日(木)に放送される第9話に、若手女優・高月彩良が出演することが分かった。

同ドラマは、放送作家・鈴木おさむ氏の企画を基にしたSFヒューマンドラマ。ある日、頭の中が“スマホ”のようになってしまった男・折茂圭太(伊藤淳史)。彼の視界はスマホと同じ画面が現れ、さらに他人のメッセージまで見ることができる。圭太はこの能力が災いして社内外のトラブルに巻き込まれていくが、結果的に人助けを続けていくことに。

高月は神奈川県出身の若手女優。これまで、ドラマ「GTO」(フジテレビ系)、「都市伝説の女」(テレビ朝日系)、「地獄先生ぬ~べ~」(日本テレビ系)、「重版出来!」(TBS系)などに出演。また、『人狼ゲーム クレイジーフォックス』(2015)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016)など映画出演も多数。

高月が演じるのは、自身初めての役柄となる秘書・朝比奈役。出演する全てのシーンの撮影が終わると、スタッフはオールアップを告げ、撮影現場は大きな拍手に包まれた。伊藤は笑顔の高月に花束を渡してがっちり握手を交わすが、この後に高月もビックリのサプライズが用意されていた。

8月10日に高月が20歳の誕生日を迎えることを皆に報告し、監督2人がケーキを持って登場。伊藤とスタッフは手拍子と共にバースデーソングを歌って高月を祝福した。

伊藤から「おめでとう!」と声を掛けられて満面の笑みを浮かべた高月は、20本のローソクを吹き消し、「ありがとうございます」と感謝。そして、「このタイミングで、朝比奈という役を演じられて本当に良かったと思います。朝比奈は自信や芯の強さなど、私にないものを全部持っていて、それらに憧れながら演じていたので、20歳は朝比奈のように強く生きていきたいと思います」と抱負を語った。

さらに、「女優として、今とは全く違うジャンルの仕事をしてみたい。例えばミュージカル。今まで演じたことのない役や新しいことに挑戦したいです」と目を輝かせた。

高月にとって秘書役は初めての挑戦となる。「朝比奈は女子大生の時に起業したエリート中のエリート。常に自分に自信があって、芯が強くて、私自身とは正反対のキャラクターだったので、そこがうまく出せるかと不安な部分もありました。でも、いろいろ考えながら演じていくうちに、朝比奈の強さがだんだん自分の中に入ってきて、私なりの朝比奈を表現できたと思います。本当に刺激を受けた役でした」と苦労しながらも自身の成長に繋げたことをアピールした。

最後に、「朝比奈の見どころとしては黒部社長(岸谷五朗)と戦うシーン。初めて黒部社長に思い切りぶつかる役ができたんじゃないかなと思います。最後のシーンは思い切り黒部社長に悪い部分を見せるので、そこも注目して下さい」と視聴者にメッセージを送った。

20歳として決意を新たにした高月彩良。今後の活躍にも期待が高まる。

ドラマ「脳にスマホが埋められた!」
毎週木曜 23:59〜24:54 読売テレビ・日本テレビ系
※高月彩良がゲストの第9話は8月31日(木)に放送

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索