現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 「be-o」カバーガールオーディション、グランプリは笑顔まぶしいあゆむさん!

2011年03月04日

「be-o」カバーガールオーディション、グランプリは笑顔まぶしいあゆむさん!

美容系フリーマガジン「be-o(ビオ)」(タダマガ沖縄刊)の2011年度全号の表紙を飾るカバーガールを、一般公募・一般投票によって決定する「be-o カバーガールオーディション」が2月26日、那覇市のサンエー那覇メインプレイスで行われた。グランプリに輝いたのは笑顔がまぶしいあゆむさん。同誌4月号より表紙を飾る予定だ。

沖縄県内で発行部数9万部を誇る「be-o」は、エステティック、ヘア、ネイル、リラクゼーション等のサロンを中心に、カルチャーやグルメ・ファッションなど“ビューティー”に関する最新情報を掲載。20~30代を中心に多くの女性読者に支持されているフリーマガジン(各偶数月1日発行)だ。

4回目を迎える今回のオーディションのテーマは“シンデレラ・ストーリー”。「女性なら憧れる童話シンデレラの物語のように、このイベントに参加したことがきっかけで誰もが憧れる輝く女性になってほしい」と語るのは主催者の星野知子さん。そのテーマの通り、グランプリに輝いた女性には“ガラスの靴”が贈られるという徹底ぶりだ。

今回オーディションに参加した最終候補者は10人。いずれも誌面やHPを通じて応募し、書類審査や1次審査を通過してきた。入場の際は緊張の面持ちだった候補者10人だが、自己PRタイムでは各々バラエティーに富んだ一芸を披露。自慢の語学力やダンスをはじめ、太鼓やリコーダーの演奏などさまざまな個性あふれる表情を見せた。

買い物客らも足を止めてステージに熱視線を注ぐ中、見事グランプリに輝いたのは、イベント中笑顔を絶やさなかったエントリーNo.1のあゆむさん。トップバッターのプレッシャーをはねのけての受賞だ。名前が発表された時の涙をあふれさせた笑顔と、応援に駆けつけた家族や知人の歓声が印象的だった。

発表後、純白のドレスに身を包み「ガラスの靴」を手にしたあゆむさんは「名前がずっと呼ばれなくてもうダメかと思いましたが、最後に呼ばれるとは思わなかったので驚きました。誌面だけではなく、さまざまなメディアで活躍できるよう頑張ります!」と意気込みを語った。

グランプリ:あゆむ
準グランプリ:仲座利江子、北本真美
東江メガネ賞:玉城翔子
K-STYLE賞:平良優佳
be-o特別賞:上原結奈



グランプリに輝いたあゆむさん
花の冠と純白のドレスに身を包んだあゆむさん
受賞結果に泣き出す場面も…
福田萌子が特別審査員として駆けつけた
アーティスト“ARIA AIZAWA”のライブも行われた
“東江三姉妹”ヒサコ、アユカと前回カバーガールグランプリ森芹菜

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索