現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】県内初!世界に一つだけのオリジナルアイスが楽しめる「ブルーシール アイスパーク」がオープン

2016年09月16日

【沖縄】県内初!世界に一つだけのオリジナルアイスが楽しめる「ブルーシール アイスパーク」がオープン



9月20日(火)、浦添市にあるブルーシール牧港本店隣に「ブルーシール アイスパーク」がオープン。14日、関係者に向けて内覧会が行われた。

ブルーシール アイスパークは、「子どもたちにアイスクリームを通じて夢を与えられる施設を作りたい」という会社の熱い思いから建てられた施設。アイスクリームの製造現場が見学でき、オリジナルのデコレーションを楽しめるアイスバー作りや冷凍庫体験、ブルーシールの歴史をひも解く資料コーナーが設けられた体験型ミュージアムである。

アイスのデコレーション体験ができるのは、県内初で、形・味・トッピングを自分好みに選択出来る。参加した関係者や子ども達は世界に一つしかないオリジナルアイスに、楽しげな表情を見せていた。

ブルーシールの始まりや沖縄県民から見たアイスの印象が綴られたヒストリーゾーンでは、モノクロ写真とパネル解説を交え当時の沖縄を振り返ることができる。1960年代にはハンバーガーなどの軽食もブルーシールで提供していたことを知り、参加者から驚きの声が挙がった。また、アイスやドリンクなど歴代のブルーシール商品が展示されている場所では、当時の自分の思い出と重ね合わせながら、懐かしむ姿も見られた。

9月20日(火)にオープンするブルーシール アイスパークは食べる、作るのほかコミュニティースペースも完備。牧港本店で購入したアイスを食べることが出来るので、観光客や地域の人々の憩いのスポットとして定着しそうだ。

「ブルーシール アイスパーク」
住所:沖縄県浦添市牧港5-5-6
電話:098-988-4535(ブルーシール アイスパーク 9:30~17:00)
営業時間:9:30~17:00
アイスバー作り体験:①10:00~11:00 ②13:00~14:00 ③16:00~17:00
体験料:1000円(アイスバー1本・オリジナル保冷バッグ付)
※事前予約制

「ブルーシール アイスパーク」9月20日(火)にオープン
ヒストリーゾーンでの解説
ブルーシールの誕生や歴史に触れる関係者
可愛らしいオブジェ
イスの形状や壁のイラストもアイス
土台となるアイスバー
特製ソースでコーティング
種類豊富なトッピング
おえかきペンでデコレーション
賑わうコミュニティースペース
-20℃の世界を体感
アイスのラインアップ
懐かしい商品の数々
歴史を感じるデザイン
アメリカンテイストなイラスト

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索