現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】国際通りのほど近くに街中リゾートが誕生!

2016年04月15日

【沖縄】国際通りのほど近くに街中リゾートが誕生!



沖縄・那覇市のホテル「那覇セントラルホテル」は、6月1日(水)、「COMMUNITY&SPA 那覇セントラルホテル」として「MAIN TOWER」がオープン。冬には全館グランドオープンを迎える。

「那覇セントラルホテル」は1974年に創業、1998年には温浴棟の天然温泉「りっかりっか湯」を併設し、沖縄では数少ない天然温泉の温浴施設を立ち上げた。

既存の建物は「EAST TOWER」としてリニューアル。新館を「MAIN TOWER」とし、「温浴棟」は「SPA ANNEX」として運営する。

「MAIN TOWER」は琉球の色彩感覚を取り入れた配色で、琉球石灰岩を多数使用して自然との調和を意識した仕上がりに。市街地にありながら琉球の自然を感じられるようにするため、庭を囲うように部屋を設置、調和を感じられる琉球石灰岩や花形ブロックなど、沖縄特有の素材をあしらう。

客室は全部で6タイプ。新しい客室は琉球素材や自然素材を基調とし、新鮮なリゾート時間を満喫できる部屋となっている。

メインとなる「パティオツイン」は、テラスから琉球の草花を植栽したガーデンを眺められる造りに。「パーシャルハリウッドツイン」は、パステル調のカラーアクセントにより南国の雰囲気を漂わせ、最大4人まで対応可能。

「コンフォートダブル」「コンフォートツイン」は、水廻りにキッチン・IHを設置し、長期滞在が可能な和ポストモダンの雰囲気に。7階のハイグレード客室「ジュニアスイート」「セントラルスイート」は、これまでなかった高質の部屋として開発している。

6月には、手入れの行き届いた植栽が一面に広がり、陽光が降り注ぐ風通しの良い「ガーデン」もオープン。沖縄に生息するチョウ「オオゴマダラ」のゆったりとした舞いや野鳥のさえずりを楽しみながら、沖縄の自然を楽しもう。

冬にはエントランスから入ったところに「ビューコリドウ」がお目見え。足を踏み入れると美しい庭園が目前に広がり、爽やかな風が琉球石灰岩の外回廊を包み込む。

那覇の国際通りからほど近いアクセス抜群のリゾート空間が誕生する。

「COMMUNITY & SPA 那覇セントラルホテル」
住所:沖縄県那覇市牧志2-16-36
電話:098-862-6070
客室数:MAIN TOWER94室(2016年6月オープン)、EAST TOWER96室(2016年冬オープン予定)
収容人数:260人(MAIN TOWER)、250人(EAST TOWER)
素泊まり料金:【MAIN TOWER】(サービス料・消費税込、2名1室利用の場合)
・パティオツイン(17,280円~)
・パーシャルハリウッドツイン(18,360円~)
・コンフォートダブル 14,040円~
・コンフォートツイン 17,280円~
・ジュニアスイート 34,020円~
・セントラルスイート 55,620円~
※シーズンによって価格は変動

チェックイン:15:00~(最終チェックイン~23:00)
チェックアウト:11:00
入湯税:大人1泊150円
※2016年4月10日現在

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索