現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】エヴァンゲリオン×クラシック×沖縄コラボ音楽イベント「クラシック音楽とエヴァンゲリオン」が開催

2016年04月11日

【沖縄】エヴァンゲリオン×クラシック×沖縄コラボ音楽イベント「クラシック音楽とエヴァンゲリオン」が開催



県内外で活躍するプロの演奏家によるエヴァンゲリオンコンサート「クラシック音楽とエヴァンゲリオン」が、4月10日(日)那覇・サンエー那覇メインプレイス店にて開催された。

「エヴァンゲリオン」は、巨大な人型人造兵器に乗った少年少女らが、未知の生命体である“使徒”と戦うストーリー。1995年にテレビシリーズの放映がスタートすると社会現象になるほどの人気を博し、2007年にはテレビシリーズを再構成した長編アニメ―ション映画「ヱヴァンゲリオン新劇場版」が公開され、新たなファンを獲得した。

現在、沖縄県立博物館・美術館で5月8日(日)まで「エヴァンゲリオン展」が開催されており、沖縄タイムスの4コマ漫画で連載の「おばぁタイムス」とのコラボLINEスタンプ「おばぁンゲリオン」や琉球王朝エヴァ仕様の泡盛などさまざまなコラボを展開。本イベントも、同展のジョイントイベントである。はじめに、ピアノ奏者・辺土名直子とチェロ奏者・城間恵による「カノンニ長調」(劇場版「DEATH」のエンディングロール)がオープニングを飾り、観客を引きつけた。ソプラノ歌手・知念利津子は「主よ、人の望みの喜びよ」(「Air/まごころを君に」より碇シンジの補完中)や「交響曲第9番第4楽章「歓喜の歌」(テレビ版第24話の終盤など)、「メサイアよりハレルヤ・コーラス」(テレビ版第22話)などを、美しくも迫力のある声量で歌い上げた。また、同作品でエヴァンゲリオン搭乗時に主人公らが身に着けているプラグスーツに合わせて、辺土名、城間、知念はそれぞれ黒、赤、青紫のドレスで同作品の世界観を表現した。
会場は、立ち見が出るほどの観客であふれかえり、同作品をあまり知らない観客もドラマチックで圧倒的な演奏と歌声に酔いしれていた。

プロの演奏家による特別編成を披露
ソプラノ歌手・知念利津子
ピアノ奏者・辺土名直子
チェロ奏者・城間恵
エヴァンゲリオンの登場人物・渚カヲルも演奏会に出席!?
紡ぎだされる美しいクラシック音楽に魅入る渚カヲル

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索