現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 絶景&地方の旬食材を味わう日本初「レストランバス」が誕生

2016年04月09日

絶景&地方の旬食材を味わう日本初「レストランバス」が誕生



このたび、1階がレストラン、2階がテーブル席になっている2階だての「レストランバス」が誕生した。

「レストランバス」は、「オープントップバスならではの絶景を楽しみながら、その土地の生産者や料理人と交流をして旬な食材を楽しむ」をコンセプトに誕生した改造型バス。地域商社のWILLER CORPORATION株式会社と株式会社umariとの協働で誕生した。

旅先の楽しみである魅力的な「食」や「観光」は、地域に広く点在している。レストランバスはその点と点をつなぎ、さらに、移動しながら美しい景色とともに料理が楽しめ、農園で自ら採取したとれたての新鮮な食材が味わえ、その土地の旬に出合うことができるという、まさに旅の醍醐味をワンパッケージで楽しめる企画だ。

レストランバスは、1階には料理が作れるキッチンを配備し、2階には乗客25人が着席できる座席とテーブルを設置。さらに、天井が開閉式の透明の屋根になっていて、天気の良い日にはオープントップで開放的な景色を楽しめる。天候が悪い日でも屋根が透明なので、景色を楽しみながら快適に食事ができるようになっている。

同バスは、まず、4月30日(土)から新潟県内で運行をスタートする。農園での収穫体験や観光を楽しみながら、地域の食を楽しめるコースを企画中。今後は、さまざまな地域でレストランバスを企画し、地域の食の情報を国内外に向けて発信していく。

レストランバスを通じて、食を楽しむ旅行者と食を提供する地方の人々の双方を元気にする、まさに新しい形の地方創生モデルとなりそうだ。
 

「レストランバスで行く旬を食する旅」

「レストランバス」
2016年4月30日(土)~7月31日(日) 新潟県内にて運行開始

【コース】
1.土曜日 ランチプラン(タカギ農園) 12,960円
新潟駅⇒酒蔵見学(今代司酒造)⇒福島潟周遊、散策⇒収穫体験(タカギ農園)⇒新潟駅

2.土曜日 ディナープラン(太田農園&フェルミエ) 10,800円
新潟駅⇒収穫体験(太田農園)⇒佐潟散策⇒ワイナリ―見学(フェルミエ)⇒足湯・土産品購入(いわむろや)⇒新潟駅

【レストランバス設備】
調理機器:スチームオーブンレンジ、電子レンジ、IHヒーター、冷凍冷蔵庫、炊飯ジャー、魔法瓶、オーブントースター、コーヒーマシン、ホットポット、冷蔵庫(2階)

【定員】
乗客:25名(プラス乗務員:3名)
席数:2人席→11脚(プラス乗務員1脚)、1人席→3脚(プラス乗務員1脚)、テーブル:7卓

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索