現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 3月4日“さんしんの日”に初代さんしんNo.1を決定!

2011年03月02日

3月4日“さんしんの日”に初代さんしんNo.1を決定!

3月4日(金)、沖縄県那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート那覇において、「ひやみかち S-1(さんしんNo.1)大賞」が開催される。

同大会は、琉球放送が主催する「第19回 ゆかる日 まさる日 さんしんの日」のイベントとのコラボ企画。大会名にもある「ひやみかち」には「沖縄を世界に知らせよう!」というメッセージが込められており、”さんしん”を通して沖縄から元気を発信しようという趣旨だ。のど自慢や早弾き、ダンスなど、プロ・アマ問わずさまざまなパフォーマンスでのエントリーが可能で、”さんしん”が大好きな人たちの熱い演舞が繰り広げられる。またゲストにうりずん娘も登場し、大会をさらに盛り上げてくれるはずだ。

もともと3月4日の“さんしんの日”は、琉球放送が語呂合わせで提唱したもの。沖縄中をひとつにできるものをと考えていた時に、8月15日の終戦記念日に甲子園で黙祷を奉げる高校球児の姿から生まれたという。終戦記念日、慰霊の日は、世代を超えた全ての人々が平和を祈る。それと同じ思いができるのではと、当日RBCiラジオでは、正午から午後8時までの時報音で9回「かぎやで風」を演奏(唱)する。また、同ラジオでは公開生放送も行う。

そんな“さんしんの日”とコラボしたこの大会で、心の中にある思いを”さんしん”の音色に込めて、一緒に盛り上がってはいかが? 合言葉は「イチ・ニ・さんしん!」。あなたの元気で沖縄をひやみかそう!(元気にしよう)。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索