現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】ソーキそばを一杯我慢して…コロッケが1日店長としてゲオチャンネル入会を呼び掛け

2016年03月26日

【沖縄】ソーキそばを一杯我慢して…コロッケが1日店長としてゲオチャンネル入会を呼び掛け

2月22日にサービスが開始された、動画配信サービス「ゲオチャンネル」。3月26日(土)にサービス開始を記念して、沖縄・那覇市のゲオ那覇新都心店に物まねタレントのコロッケが来店し、1日店長を務めた。

ゲオチャンネルは、レンタルチェーン・ゲオがエイベックスとタッグを組んで立ち上げた新映像配信サービス。映画やドラマ、アニメ、音楽など全13ジャンル約80,000以上の作品数が揃い、月々590円で見放題となっている。また、オプションを付けることで、店舗で旧作が20本まで借りられるサービスもあり、ユーザーに合わせたサービスを取り揃えている。

今回の記念イベントは、北海道と沖縄で行われ、沖縄は、全国1300店舗にも及ぶゲオショップの中でトップクラスの売り上げを誇る、那覇新都心店で開催。司会を担当した物まねタレント・しじみの紹介でコロッケがステージに登場すると、会場は大歓声に包まれた。物まね公演で沖縄に何度か訪れるというコロッケは、公演に来たことがあるか質問すると少人数しか手が挙がらず、「今度はお金を払って(僕を)見に来てください…」と淋しそうに呼び掛けていた。

話の途中に一生懸命、写メを撮っている観客に気付き、「写真OKですよ!」と急きょ撮影会へ。サービス精神旺盛なコロッケは、多方向に応じて撮影し、丁寧に対応してくれた。ゲオチャンネルを利用しているコロッケは「映画やドラマだけでなく、カラオケも入っている」とコンテンツ内容に大満足。「今までは、カラオケ店へ一人で物まねの練習をしていると、ドアに付いている窓から通路を歩いている客と目があったりして大変だった」と苦労話を。今はゲオチャンネルで練習に打ち込んでいると語り、「月額が590円なので、ソーキそばを一杯我慢してもらえれば…」と加入を呼びかけると、会場からは笑いがあがった。

イベントでは、トーク以外にも観客からの質問コーナーや物まね講座も行われ、和気あいあいの感じでイベントは進み、最後にコロッケが「子ども向けの物まねをしていない!」とドナルドダックのまねをすると子どもたちは大喜び。会場全体が笑顔に包まれたトークイベントは終了した。その後も一日店長のコロッケは受付カウンターに立ち、入会の呼びかけを行い、写真撮影にも気さくに応じてくれた。

今回のイベントを終え、「沖縄の人は最初、モジモジ感が強いけど、(観客が)慣れてくると盛り上がって反応がいい。観客との距離が近いイベントは好き」と大満足。ゲオチャンネルについては「カラオケも利用するけど、物まねのネタを拾うのに映画を見ることが多い。自分が欲しかったサービス」と語るコロッケは、“ゲオチャンネルの1番のファン”だと豪語。最後に「使えば使うほど良さが分かるので、ぜひ利用してほしい」と入会を呼び掛けていた。

観客にも記者にも丁寧に対応してくれたコロッケ
会場は観客であふれかえります
多くの入会を期待してスタッフも準備万端
司会を担当した物まねタレント・しじみ
お互いの息もあって、トークも軽快に進みます
観客に撮影会のサービスを
多くの観客が撮れるようにと多方面で応じてくれました
ロボット物まねの今と昔を説明するコロッケ
観客からの質問でYOUの物まねを伝授
店長として多くの方に入会を呼び掛け
赤ちゃんの仕草に見入ってしまいました

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索