現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 高月彩良が人気シリーズ『人狼ゲーム』第3弾で映画初主演!

2015年11月06日

高月彩良が人気シリーズ『人狼ゲーム』第3弾で映画初主演!

高月彩良

高月彩良



映画『人狼ゲーム』シリーズ第3弾となる『人狼ゲーム クレイジーフォックス』が、12月5日(土)に公開されることが分かった。

「人狼ゲーム」は、テレビをはじめ、アプリ、小説、コミックとさまざまな形態で人気を博すメディアミックス作品。1930年頃、ヨーロッパでプレイされていた伝統的ゲームを発展させた心理ゲームとその亜種の総称。協力しあいながら”人狼”と呼ばれる正体を隠した少数人を見つけ出し処刑する“村人”と、多数の”村人”たちを騙し、その皆殺しを狙う“人狼”との命をかけた究極の頭脳ゲーム。

映画では、桜庭ななみが主演した『人狼ゲーム』、土屋太鳳が主演した『人狼ゲーム ビーストサイド』が製作された。第3弾となる『人狼ゲーム クレイジーフォックス』は、新カード「狐」側の視点から描かれる。

主人公・森井あやかは、映画『思い出のマーニー』で主人公・杏奈の声を担当した高月彩良が演じる。高月は今作が映画初主演。

また、共演は、元AKB48研究生・冨手麻妙や、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞した柾木玲弥ら。ほかにも、「あまちゃん」(NHK)などに出演した斎藤嘉樹、藤井武美、萩原みのり、冨田佳輔、水石亜飛夢ら新世代を代表するキャストが揃った。

主演の高月は、「人狼ゲーム第1弾の桜庭ななみさんも、第2弾の土屋太鳳さんも憧れの方たちなので、『第3弾の主演を私に』と言われた時は、とても驚きましたが名誉なことで嬉しかったです。映画初主演は、不安な気持ち8割、楽しみな気持ち2割で挑みました。未熟な私に主役が務まるのかと不安な気持ちでいっぱいでしたが、8割の不安はあやかのリアルな心情に役に立ったと思っています」とポジティブに捉えた。

そして、監督の綾部氏に関して、「どこまでも付き合って下さいました。細かいお芝居のご指導をたくさん下さいました。監督の『よーい、はい!』の掛け声はしびれる程の魂がこもっていて、尋常じゃない緊張感が現場に毎回流れていました。監督の掛け声を聞くたびに失神しそうなくらい本当に、すごいです。命懸けのゲームの緊張感を監督が作って下さいました」と撮影の日々を振り返った。

最後に、「愛情や友情、大切なものを犠牲にしてまで生き残ろうと思うあやかの芯の強さがなんだかとても羨ましく思いました。私だったら、できないなと。この作品で、12人ひとりひとりが生き残るために、まさに命をかけて心理ゲームに挑みます。その戦慄の駆け引きを是非、見届けていただきたいです」とPRする。

一方、橘有希役の冨手は、「最初に台本を読んだ感想は『狂気』。私の役に対して『なんで、狂っているんだろう』という印象を持ちました。まさに人狼。人間ではないな、動物的だな、というイメージを持ったのですが、リハーサルを重ねて、現場に入って、橘有希という女の子の人生を生きていくうちに、最初の印象とは正反対の『本当はすごく人間らしい。本当はすごく弱い女の子なんだ』ということに気付きました」と役どころを紹介した。

若手俳優らによる駆け引きの連続に、グイグイと引き込まれていきそうだ。

『人狼ゲーム クレイジーフォックス』
2015年12月5日(土)より新宿武蔵野館ほか公開

冨手麻妙
柾木玲弥
(C)川上亮/アミューズメントメディア総合学院 AMG出版

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索