現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】宮古島・シギラリゾート内に中国最大級の火鍋専門店「小肥羊」が誕生!

2015年08月16日

【沖縄】宮古島・シギラリゾート内に中国最大級の火鍋専門店「小肥羊」が誕生!





【じゃらん】沖縄のホテル・宿の予約

沖縄・宮古島のリゾート「シギラリゾート」は、7月25日に、中国最大級の火鍋専門店「小肥羊(しゃおふぇいやん)」をオープンした。

「小肥羊」は、1999年に1号店を開業して以来、中国で最も愛されている火鍋専門チェーン。独自のノウハウを持つ 「鍋師」が注文ごとに調合して作るスープには、唐辛子や花椒、当帰や良姜などの食材と調味料が数十種類配合され、本場・中国で薬膳料理として親しまれている。

日本国内における火鍋ブームの先駆けとなり、日本国内では2006年9月に渋谷に日本1号店を開業。現在では都内7店舗(渋谷・赤坂・新宿・池袋・銀座・品川・吉祥寺)のほか、関内、横浜、札幌、心斎橋と全国に12店舗を展開している。

同店が提供する火鍋は、美意識の高い女性を中心に人気があり、気軽に楽しめる健康食。中国の食に対する基本概念「医食同源」を追求し、火鍋スープには数10種類の漢方食材が配合されている。

「小肥羊」の特徴でもある火鍋スープは、世界に数名しかいない“鍋師”だけが作ることができる。門外不出、秘伝のレシピで作られた特製スープは、コクのある辛味が特徴の麻辣(マーラー)スープと、白濁の白湯(パイタン)スープの2種類。この特製スープは、ラム肉特有の臭みを取り、ジューシーな食感が引き立つように工夫されている。そのため、肉をより軟らかく、海鮮をより味わい深く仕上げることを可能にした。

ほか、沖縄県のブランド肉・アグー豚と、肉本来の旨味たっぷりの希少な宮古牛を味わえるコース、単品メニューなど、宮古島ならではのメニューも用意されている。

店内は、白をベースに、麻辣スープのような赤をアクセントにした、落ち着きのある大人の空間。プライベート感を保ちながらも気軽に利用できるテーブル席、ゆっくりと落ち着いて食事のできる個室を用意している。

シギラリゾート内15店舗目となるレストランを楽しもう。

【店舗概要】
店舗名:小肥羊
業種:薬膳火鍋
所在地:沖縄県宮古島市上野宮国974-7
電話:0980-74-7430
営業時間:17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:不定休
席数:82席(ホール40席、個室42席)
【メニュー例】:火鍋コース4,500円~

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索