現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【ラジスタ☆エンタ魂】SKANK69が「ラジスタ☆エンタ魂」で語った“切ない曲が生まれるワケ”

2011年07月29日

【ラジスタ☆エンタ魂】SKANK69が「ラジスタ☆エンタ魂」で語った“切ない曲が生まれるワケ”

2011年7月28日放送の「ラジスタ☆エンタ魂」(FMレキオ)のコーナー「ミュージック☆ソウル」に、“SKANK69”のメンバー、ボーカル・ダイキとドラム・ズナリがゲスト出演した。彼らは、今年7月に行われたWEBコンテスト「RO69JACK」(アールオーロックジャック)で沖縄県出身バンド初の入賞を果たすなど、今沖縄県内で最も勢いのあるバンドだ。

番組が始まり、パーソナリティーが“SKANK69”のプロフィールと実績を紹介すると、ダイキが「やりましたね。良い紹介を(笑)。完全に、上の(メジャー級)バンドのような紹介ですね」と照れ笑いを浮かべながらもツッコミを入れ、笑いを誘った。

バンドを始めたきっかけは、幼なじみで学校の先輩でもあるダイキが、ドラム・ズナリとベース・ゆうじ、そしてギター・わきちに声をかけて4人で結成したのだという。「ダイキだけ(歳が)一つ上なんです」とズナリが言い、パーソナリティーが驚きの声を上げると、「どう見てもひとつ上ですよ。貫禄が」と先輩だということを強調するダイキ。

番組開始から、何度も笑いを誘うダイキだが、「曲を作るときは、どんな時に誰を思って作っていますか?」と聞かれ、真剣な表情で「ほぼ実体験を綴っている」と語る。ダイキも「付き合っている時には歌詞は書けない。離れた時に出る感情を歌にしている」と切なげな表情。“SKANK69”の歌に切ないラブソングが多く、ファンの共感を得えているのも実体験に基づいた曲作り故なのだ。

また、「RO69JACK」の入賞曲である「世界が一人」は、ダイキが高校時代に感じていた“孤独感”を歌にしたそう。「音楽をやっているときは、正直にその時の気持ちに戻れる」と語った。そんな彼らのワンマンライブが9月2日(金)に桜坂セントラルで行われる(台風のため8月5日から順延)。番組の最後には「ライブでは客と一体となって盛り上がりたい!」と意気込みを見せた。

『SKANK69ワンマンライブ【-君を呼ぶ声で-Vol.2】』
■出演
SKANK69
■日時
2011年9月2日(金)
開場 18:30
開演 19:30
■会場
桜坂セントラル
■料金(チケット)
前売チケット 1200円(ドリンク代別)
当日チケット 1500円(ドリンク代別)
-チケット取扱い-
・SKANK69公式ホームページ
・サードウェイブ ホームページ
・TSUTAYA那覇新都心店
・高良レコード
・普久原楽器

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索