現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 中村光原作の人気電波系コミックが、豪華キャストで実写化!

2011年07月29日

中村光原作の人気電波系コミックが、豪華キャストで実写化!

(C)中村光/スクウェアエニックス・AUTBパートナーズ

(C)中村光/スクウェアエニックス・AUTBパートナーズ

中村光原作の人気コミック「荒川アンダー ザ ブリッジ」が実写版の連続ドラマ(全10話)として、MBSテレビで放送を開始する。初回は、7月30日(土)深夜0:30~0:58の放送で、毎週土曜日同時刻の放送となる。

同作品の舞台は荒川河川敷。主人公は、エリート大学生で大財閥の御曹司“リク”。ひょんなことから荒川河川敷に住み着くことになった。そこで出会った自称「金星人」と名乗る謎の美少女“ニノ”と、奇怪で個性の強すぎる住人たちとの交流を描く。価値観の全く違うリクと河川敷の住人たちが、日常の騒動の中で次第にお互いを理解していくようになる、新感覚のハートフルラブコメディーだ。

主演のリク役は林遣都、ニノ役は桐谷美玲が務める。さらに、小栗旬、山田孝之、城田優、片瀬那奈、安倍なつみ、徳永えり、有坂来瞳、駿河太郎、平沼紀久ら豪華キャストが出演する。また、リクの父親役は上川隆也が務める。原作のキャラクター設定を忠実に再現してる。それぞれ個性的な役どころに加え、キャスト陣の衣装にも注目だ。

ドラマのメガホンを取った飯塚健監督は、「初めてお話を頂いた時の、あのわくわく感はまるで一昨日のように覚えています。明日は元気になる! そんな作品にしたいと思っています。」と語った。

MBSテレビに先駆けて、TBSテレビでは、7月26日(火)深夜0:55~1:25より放送が開始されている。また、TBS系列の地方ローカル局でも放送する予定だ。2012年2月には、映画化の公開も決定。原作を読んだことのない人も、十分に楽しめるドラマになりそうだ。

【第1話 あらすじ】
「人に借りを作るべからず」の家訓をもとに生きてきたエリート青年・市ノ宮行(林遣都)は、荒川の橋の上で、自称・金星人の少女ニノ(桐谷美玲)に危ないところを助けてもらう。行は、借りを返したい一心で、少女の願いを受け入れてしまう。彼女に導かれ、河川敷の村長(小栗旬)に会いに行くと、そこにいたのはカッパ…の着ぐるみを身にまとう変人だった!

【原作】中村光 【監督・脚本】飯塚健ほか
【出演】市ノ宮行/リク:林遣都 ニノ:桐谷美玲 村長:小栗旬 星:山田孝之 シスター:城田優 マリア:片瀬那奈 P子:安倍なつみ ステラ:徳永えり ジャクリーン:有坂来瞳 ラストサムライ:駿河太郎 ビリー:平沼紀久 鉄雄/鉄郎:末岡拓人/益子雷翔 シロ:手塚とおる 市ノ宮積:上川隆也

(C)中村光/スクウェアエニックス・AUTBパートナーズ

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索