現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 豪雨のL'Arc~en~Ciel結成20周年記念ライブをWOWOWが放送

2011年07月28日

豪雨のL'Arc~en~Ciel結成20周年記念ライブをWOWOWが放送

今年バンド結成20周年を迎えたL'Arc~en~Cielが、5月28日、29日の2日間、東京・味の素スタジアムで行ったスペシャルライブ「20th L’Anniversary LIVE」の模様を、WOWOWが放送する。

6月に発表した結成20周年 第1弾シングル「GOOD LUCK MY WAY」でも、爽快に疾走するサウンドで、彩度の落ちないきらめきぶりを見せつけたL'Arc~en~Ciel。「20th L'Anniversary year」は、輝かしいこれまでのバンドヒストリーを追う形で展開された。1日目が1stアルバム『DUNE』から150万枚以上を売り上げた『HEART』までの楽曲を中心に構成。2日目が2作同時発売で話題を呼び大ヒットした『ark』『ray』から11作目のオリジナルアルバム『KISS』、そして現在までの楽曲を中心に構成され、彼らの足跡を一気に振り返る事の出来る密度の濃い内容のライブだった。

1日目。オープニングは、tetsuyaのベースフレーズから始まる「In the Air」。「Caress of Venus」や「Blurry Eyes」などの代表曲はもとより、大きな感情の起伏が1曲の中でうねりを上げ、それが聞き手の心を揺さぶるかのような初期ナンバーが、超満員の客席の大声援に迎えられた。朝から降り続いていた雨がほとんど上がったライブ終盤。「止まない雨はない」というhydeのMCに続いて演奏された曲は、「虹」。ステージセットには“虹”が浮かび上がり、力強くも優しいサウンドが会場いっぱいに溢れる。hydeの瞳に虹の欠片が光ると、1日目の幕が下りた。

2日目。前日から降り続いていた雨は激しさを増し、それがメンバーの心に火を灯したかのような凄まじい演奏が繰り広げられた。この日のオープニングは「READY STEADY GO」。「HEAVEN'S DRIVE」「Driver's High」「STAY AWAY」といったヒットチューンのオンパレードに客席は熱狂。この日演奏された23曲には、過去ナンバー再生の喜びに加えて、今、そしてこれからのL'Arc~en~Cielサウンドが鳴らされていたようで、実に興味深い新境地を垣間見ることができた。ライブ終盤演奏された「forbidden lover」「MY HEART DRAWS A DREAM」「GOOD LUCK MY WAY」。この3曲には、未来への祈りと願いが込められていた。演奏というメッセージ。その意味を受け取った客席からは自然発生的に拍手が沸き上がり、会場へ舞い降りた希望の光が見えたかのようだった。

全45曲かぶりなし、感動の2Days。結成20周年を迎えた彼等のバンドヒストリーを完全網羅したこのステージは、WOWOWで7月31日(日)、2時間に凝縮して放送される。ますます加速度をつけていくL'Arc~en~Cielの今を見逃すな。

「L'Arc~en~Ciel 20th L'Anniversary LIVE」
7月31日(日)18:00~ WOWOW

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索