現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】沖縄の基地問題に斬り込んだ「沖縄の不都合な真実」が週間ランキングトップ!

2015年02月08日

【沖縄】沖縄の基地問題に斬り込んだ「沖縄の不都合な真実」が週間ランキングトップ!

沖縄・那覇市の「ジュンク堂書店那覇店」は、2015年1月25日から1月31日の週間ランキングを発表。週間ランキングは大久保潤氏と篠原章氏の「沖縄の不都合な真実」(新潮社)が、沖縄県産本チャートは平良竜次氏と當間早志氏の「沖縄まぼろし映画館」(ボーダーインク)が、それぞれ制した。

「沖縄の不都合な真実」は、沖縄の基地問題を論じた新潮新書の1冊。政治家、建築会社、知識人、公務員、地元メディアなど利権とタブーがうずまくこの問題に鋭く斬り込んでいる。

週間ランキングに関して、同店の細井実人店長は「全世界7カ国で翻訳され売上げを伸ばしている「21世紀の資本」(トマ・ピケティ著)が好調で、それにちなんだ関連書籍が複数、上位にランクインしました」とコメントしている。

一方、「沖縄まぼろし映画館」は、沖縄で映画フリークが集まり、映画製作、上映会、紹介、評論など映画に関するさまざまな活動を展開するNPO法人「シネマラボ 突貫小僧」代表の平良竜次氏、サポートメンバーの當間早志氏による共著。

沖縄映画界の歴史を紹介する「通史」にはじまり、実際の映画館を紹介する「那覇・南部篇」「中部篇」「北部篇」と、沖縄県内で映画界発展に貢献した人を紹介する「映画人烈伝」と題したコラム4本で構成される。

沖縄県産本チャートに関して、同店のスタッフは「1月25日のイベントは、2台の大型テレビジョンを駆使して著者お2人が大熱演。その成果で見事に第1位です。沖縄の戦後復興を支えた映画と映画館たちへの愛がびっしり詰まっています」と紹介している。

その他のランキングは以下の通り。

【週間ランキング】
1位 「沖縄の不都合な真実」大久保潤著 新潮社
2位 「追跡・沖縄の枯れ葉剤」ジョン・ミッチェル著/阿部小涼訳 高文研
3位 「人生には『まさか』の坂がある」安里賢次著 双葉社
4位 「日本人のためのピケティ入門」池田信夫著 東洋経済新報社
5位 「21世紀の資本」トマ・ピケティ著 みすず書房
6位 「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」矢部宏治著 集英社インターナショナル
7位 「沖縄まぼろし映画館」平良竜次著/NPO法人シネマラボ突貫小僧著  ボーダーインク
8位 「沖縄『地理・地名・地図』の謎」安里進監修 実業之日本社
9位 「その女アレックス」ピエール・ルメートル著/橘明美訳 文藝春秋
10位 「ピケティ入門『21世紀の資本』の読み方」竹信三恵子著 金曜日

【沖縄県産本チャート】
1位 「沖縄まぼろし映画館」平良竜次著/NPO法人シネマラボ突貫小僧著  ボーダーインク
2位 「沖縄経済入門」沖縄国際大学経済学科編 編集工房東洋企画
2位 「ジュニア版 琉球・沖縄史 改訂版」新城俊昭著 編集工房東洋企画
4位 「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること」須田慎太郎写真/矢部宏治著 書籍情報社
5位 「2014沖縄県知事選ドキュメント」沖縄タイムス社
5位 「チルグヮーのむんならーし」喜納千鶴子著 沖縄タイムス社
7位 「命の架け橋 dr.上村昭栄物語」新星出版
7位 「あなたも沖縄でアパート大家さん」仲村渠俊信著 ボーダーインク
7位 「沖縄に内なる民主主義はあるか」又吉康隆著 ヒジャイ出版
7位 「この島のものづくり」沖縄タイムス「かなさうちなーむん」編集部 沖縄タイムス社
7位 「新・歩くみる考える沖縄」沖縄平和ネットワーク編 沖縄時事出版
7位 「琉球・沖縄の建築文化」東里昌信著 球陽書房
7位 「おにムーチー」文・鎌田佐多子/絵・大湾宗弘 沖縄時事出版
7位 「診療雑感」西平守樹著 新星出版
7位 「別冊モモト 世界遺産 今帰仁城跡」編集工房東洋企画
7位 「porte [ポルト]vol.5」編集工房東洋企画

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索