現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】進化する牧志駅前が2日間だけ「台湾」一色に!

2011年07月23日

【沖縄】進化する牧志駅前が2日間だけ「台湾」一色に!

7月23日(土)、24日(日)の2日間、先日新たに誕生した那覇市のシンボル「さいおんスクエア」にて「台湾B級グルメフェア」が開催される。

アジア最初の共和制国家として北京政府(北洋軍閥政府)による中華民国が誕生したのが1912年。このイベントは、その中華民国建国100年を記念し、多くの人に中華民国を広く理解してもらおうと琉球華僑総会が企画した。その国の文化を理解するのに大事な要素の1つである「食」をテーマに、日本人の嗜好により近い台湾庶民の代表的な料理、いわゆる“B級グルメ”の数々を、道行く人に気軽に立ち寄ってもらえるよう、出店の形で展開していく。

会場では、飲茶の定番「春巻き」(300円)、チマキ(300円)、「小龍包」(300円)をはじめ、「イカ団子」(300円)、「広東エビ餃子」(500円)、「アヒルの薫製」(350円)、「ルーウェイ」(350円)などを手ごろな価格で楽しめる。

沖縄から台湾へは毎日直行便が就航しており、県内から訪れやすい身近な海外の1つ。台湾好きも、飲茶好きも、とにかくお祭り好きも、週末は牧志駅前に集まって台湾文化の一端に触れてみよう。

「台湾B級グルメフェア」
2011年7月23日(土) 16:00〜21:00
2011年7月24日(日) 11:00〜20:30
沖縄・ゆいレール牧志駅直結「さいおんスクエア」にて開催
問い合わせ:琉球華僑総会(098-862-9153)

アヒルの薫製(350円)
きゅうりピリ辛(300円)
ルーウェイ(350円)
ミミガー(350円)
竹の子(350円)

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索