現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】てんぶす那覇で「テンペスト」祭りにぎやかに開催

2011年07月18日

【沖縄】てんぶす那覇で「テンペスト」祭りにぎやかに開催

海の日の7月18日、沖縄県那覇市のてんぶす那覇テンブスホールで、「今日は1日テンペスト祭り!」が行われた。「キラっとBS☆一番星」と題するNHK BSの広報イベントと、NHKラジオ第一「沖縄熱中倶楽部」の夏休みスペシャルをドッキングしたイベントで、17日から放送が始まったBS時代劇「テンペスト」の魅力を、ドラマの出演者が語りつくした。

ドラマ「テンペスト」は、琉球王国末期の王宮を舞台に、美貌と才能を併せ持つ女性が性を偽って政府の役人になり懸命に生きる姿を描く。

「キラっとBS☆一番星」は、永井伸一アナウンサーと森下千里の司会で進行。「テンペスト」で、仲間由紀恵演じる主人公の兄・嗣勇を演じた金子昇と制作統括の岡本幸江プロデューサーがゲストで登場し、ドラマの裏話をふんだんに披露した。撮影の2か月も前から沖縄に通って琉球舞踊の稽古をした金子は、そのエピソードを語り、「あいさつに伺ったその日にいきなり8時間の稽古ですよ。その次の日は十数時間…」と琉舞を指導した佐藤太圭子さんのスパルタぶりを明かした。「丸みを帯びた舞踊で、やさしく甕をつつむように」といった独特のしぐさに苦労した日々を振り返りつつも、琉球舞踊の魅了された様子だった。また、多嘉良役の藤木勇人もステージに姿を見せ、仲間やGACKTら共演者の裏話を明かした。続いて、お笑いコンビのキャンXキャンとモノマネタレントの魅川憲一郎も登場。BS普及をコント仕立てでアピールし、それぞれがステージも繰り広げた。

夕方からは、ラジオ番組「沖縄熱中倶楽部夏休みスペシャル」の公開生放送。 「体感!あなたの知らない“琉球王朝”の世界」と題し、藤木と白鳥哲也アナウンサーを案内役に進行した。まずは、尚弘子琉球大学名誉教授と歴史研究家の上里隆史さんが、クーブイリチーが王宮料理だったことや沖縄県で豚肉の消費が多い理由といった琉球の「食」についての興味深い解説を繰り広げた。「テンペスト」トークは、ドラマ出演者の金子、二階堂ふみが加わり、藤木と撮影秘話をふんだんに披露。その後、大城貴幸ら沖縄県立芸術大学出身の琉球音楽家による演奏や、沖縄音楽の第一人者・古謝美佐子(「童神」「アメイジンググレイス」「平和星願い唄」演奏)と続き、3時間にわたる放送の幕を閉じた。

NHK BS時代劇「テンペスト」2011年7月17日(日)スタート(全10回)
本放送:毎週日曜18:45~19:30(7月17日は18:45~20:00)
再放送:毎週土曜11:00~11:45(7月23日は11:00~12:15)
【原作】池上永一 【脚本】大森寿美男 【演出】吉村芳之
【音楽】H.GARDEN 【主題歌】安室奈美恵「Tempest」
【出演】仲間由紀恵 谷原章介 塚本高史 高岡早紀 GACKT 高橋和也 若村麻由美
    金子昇 藤木勇人 平良とみ かたせ梨乃 八千草薫 奥田瑛二

金子昇が森下千里に琉舞の所作を指導
キャン×キャンは得意の持ちネタを披露
魅川憲一郎のステージ
てんぶす那覇前の広場でもステージイベントを開催
キャン×キャンとイベントにやって来たお客さんとのコミュニケーション(笑)
尚弘子琉球大学名誉教授と歴史研究家の上里隆史さん
琉球音楽演奏が生放送のBGMに
古謝の歌った「平和星願い唄」は、クミコとの共作ナンバー
てんぶす那覇では、7月16日~18日の3日間「テンペスト」関連展示を行われた

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索