現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】「沖縄音楽旅行」最新号で新譜リリースが迫る上間綾乃の独占インタビュー掲載!

2013年08月23日

【沖縄】「沖縄音楽旅行」最新号で新譜リリースが迫る上間綾乃の独占インタビュー掲載!



【じゃらん】沖縄のホテル・宿の予約

“音楽で沖縄の旅をしよう”をキーワードに誌面展開をしているフリーマガジン「沖縄音楽旅行」の最新号の配布がスタートした。今回で通巻8号目。

「沖縄音楽旅行」は、「沖縄 LOVE Web」などを運営するPLANNING OFFICE Codaの代表・幸田悟氏が手掛けるフリーマガジンで、沖縄県内の音楽関連店舗のほか、観光スポット、飲食店等に設置されている。

8号目となる今回の表紙のデザインは、「進貢船(しんこうせん)」がモチーフ。進貢船は、中国との交易や使節を派遣するために用いられた、琉球王国時代の官船。この進貢船に乗って、沖縄の言葉で夏の盛りの季節風のことを指す「真南風(まはえ)」を受けながら旅をしよう、というのがテーマだ。今回はこの「真南風」が透かし彫り仕様になっている。

“100年先に伝えたいおきなわのうた”を写真とともに紹介する「100 OKI SONG」は、竹富島発祥の民謡で、沖縄県民にも特に馴染みの深い「安里屋ユンタ」をピックアップ。琉球王国時代、竹富島に実在した絶世の美女、安里屋クヤマと、王府から八重山に派遣されたクヤマに一目ぼれした目差主(下級役人)とのやりとりの様子を描いている。労働の最中にも歌われ、慰労の役割も強かった歌だ。沖縄で活躍するカメラマン・ジャン松元氏が竹富島のサトウキビ畑を写した“グッドロケーション・フォト”と一緒に楽しめる。

また、9月4日(水)に新アルバム『ニライカナイ』を発売する上間綾乃の独占インタビューを掲載。印象的なのは、先行シングル「ソランジュ」の誕生に触れた一節。上間はレコーディングの際、この歌を歌うたびに何度も涙を流したという。

上間のほか、8月8日に新作をリリースしたDIAMANTES、8月31日(土)に那覇市のライブハウス「TOP NOTE」で開かれるアイドルイベント「ありんくりん 夏!祭り IN OKINAWA」に出演するご当地アイドル・ぴらのぱうるすあんどぱっきゃまらんどなどのインタビューも掲載されている。

ほか、レストランオーナーが選ぶ“百沖のうた”では、元祖ローストチキンの店「コッコロハウス」(沖縄市)や、川満しぇんしぇ~もオススメの黄色いカレーが有名な「寿味(ずみ)食堂」(浦添市)などのご主人や女将が選ぶ歌を紹介。

今回も充実の全30ページに仕上がっている。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索