現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > ■オリジナル番組最優秀賞・情報教養番組部門「戦いの城2 徹底解剖!城の攻め方・守り方」 (ヒストリーチャンネル)

2013年07月18日

■オリジナル番組最優秀賞・情報教養番組部門「戦いの城2 徹底解剖!城の攻め方・守り方」 (ヒストリーチャンネル)

再放送あり!:2013年8月31日(土)12:30~13:30、9月8日(日)15:30~16:30 BSスカパー!

人気が高いテーマの『城』。初心者から、城マニアまで楽しめる内容で、かつマニアックになりすぎない番組を目指して制作を始めたシリーズの2本目は、実際に攻め手側の気持ちになって城を見ると軍事構造物としての城にはどのような機能がどのように潜んでいるのかがわかるようになっている。


【講評:片山一弘審査員】
城とは軍事施設である、という属性に着目し、実際に城を攻める/守るとしたら、それぞれの設備がどんな役割を果たすかを現場で解説する、という着眼点が面白い。攻撃側の視点で表門から進んだ春風亭昇太は、難所を的確に指摘して、城への愛情と知識の深さを感じさせた。彦根城がどれほど高機能の城かもよくわかり、実地に見学してみたくなる。審査の席上では、「別の城に行った時に、構造がよくわかった」「これを見た後で『のぼうの城』を見たら、とてもわかりやすかった、と妻が言っていた」などの声が上がり、「情報教養番組」としての実用性の高さを印象づけた。一方で「守備側の視点で、櫓の上から昇太さんを見下ろすような映像も欲
しい」など、注文も相次いだが、それも、この企画の可能性を評価してのこと。よりよい次回作への期待も加味しての選出とさせていただいた。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索