現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > ■オリジナル番組最優秀賞・ドキュメンタリー番組部門「犬と命の物語~どうぶつと生きる社会~」(BSスカパー!/スカチャン5)

2013年07月18日

■オリジナル番組最優秀賞・ドキュメンタリー番組部門「犬と命の物語~どうぶつと生きる社会~」(BSスカパー!/スカチャン5)

再放送あり!:2013年9月8日(日)14:00~15:30 BSスカパー!

動物殺処分ゼロを目指す音楽フェス、【HAPPY MUSIC FESTA】を軸に、地上波では絶対に出来ないところまで踏み込んだ、「動物殺処分」の現状を知るドキュメンタリーの制作を決定。殺処分を批判、非難するのではなく、飼い主に問題意識を持ってもらえる内容にした。

【講評:吉岡忍審査委員長】
3.11から2年以上が過ぎたが、この部門の作品テーマにはやはり震災や原発事故が影を落としている。1000年に1度の惨事であれば当然だが、それだけに制作者の立ち位置がしっかりしていないと、隔靴掻痒の観が際立ってしまう。避難生活も復興も大変だ、というだけでは「ニュース」ではあっても、「作品」は成り立たない。受賞作「犬と命の物語」は、見ていて辛くなる作品である。ペットとして飼われていた犬たちが捨てられ、殺処分される現場をリアルに見せながら、人間が犬の命をどうもてあそんでいるかを静かに告発している。人間と犬たちの仲を引き裂いた原発事故もまた、人間の冷酷な業である。2度と見たくない映像もあるが、そんななか、人間を癒やす存在として甦った捨て犬、私財を投げ打って救助活動をする人たちの姿にほっとする。むごい現実を見てきた制作者だからこそ見える光明が、ここにはある。ドキュメンタリーは、そのかすかな光を探し求める仕事である。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索