現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】1カ月限定!「ホテルJALシティ那覇」が沖縄の素材を活かした“金賞メニュー”を提供!

2013年04月19日

【沖縄】1カ月限定!「ホテルJALシティ那覇」が沖縄の素材を活かした“金賞メニュー”を提供!



【じゃらん】沖縄のホテル・宿の予約

沖縄・那覇市の国際通り沿いに建つ「ホテルJALシティ那覇」では5月1日(水)から5月31日(金)までの期間限定で、「沖縄県調理技能競技大会」の西洋料理単品の部で金賞を受賞した同ホテルの東龍輝(あずま・たつき)シェフが考案したコースメニューを提供する。価格は6000円(消費税、サービス料込み)。

今回のプランは、昨年10月に開催された「第26回沖縄県調理技能競技大会」において西洋料理単品の部で同ホテルのシェフ東龍輝(あずまたつき)が金賞を受賞したことを記念して企画された。「沖縄県調理技能競技大会」は、調理技能と写真技能を競う大会として毎年開催されている。

東シェフは、ホテル内にあるレストラン「ボナペティ」のシェフ。先の大会で、オードブルの盛り合わせ「コラーゲン美ら花」を出品し、見事に金賞に輝いた。今回のコース料理は総料理長・喜屋武直彦(きゃん・なおひこ)氏の監修のもと、創作された。

同大会では、同じく西洋料理コースの部で、同レストランの銘苅春喜(めかる・はるき)シェフが銅賞を、嶺井力(みねい・ちから)シェフが奨励賞を受賞するというトリプル受賞の快挙を達成したため、3月には銘苅シェフの受賞記念コースメニューを、4月には嶺井シェフの受賞記念コースメニューをそれぞれ提供していた。

今回の「第26回沖縄県調理技能競技大会 金賞 受賞記念メニュー」は、同レストラン特製のアペリティフ(食前酒)に始まり、春野菜をたっぷりと使ったミネストローネ風スープ、「手長海老のポテト包み焼き 二種のパプリカソース」などに続き、メインは「“パイナップルポーク純”フィレ肉のトルネード 琉球香草バターの香り焼き」が提供されるなど全10品目。

東シェフは「メイン料理のパイナップルポークのトルネード仕立ては、沖縄のパイナップルを食べて育ったポークの柔らかくジューシーなお肉が特徴です。沖縄ならではの素材を活かしたコースをどうぞご堪能ください」とPRしている。

「沖縄県調理技能競技大会」トリプル受賞を果たしたレストランのトリを飾る東シェフ自慢のコース料理、ぜひ味わってみよう。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索