現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 2月23日の富士山の日に「富士山・河口湖映画祭」が山梨県で開催!

2013年02月20日

2月23日の富士山の日に「富士山・河口湖映画祭」が山梨県で開催!

富士山・河口湖映画祭ポスター

富士山・河口湖映画祭ポスター

ことしも、2月23日の富士山の日にあわせて「富士山・河口湖映画祭」が、山梨県の勝山ふれあいセンター「さくやホール」をメイン会場に2月23日(土)~24日(日)の2日間開催される。日本の象徴である「富士山」と映画文化を融合し、発信していくことを目的とした映画祭だ。

同映画祭では、開催地であるである富士河口湖町を舞台としたシナリオのコンクールを毎年開催。グランプリ作品は次年度映画化され、前年度、全国より集まった245編のシナリオからグランプリを受賞した『ジョフクの恋』も、五藤利弘監督により映画化し、今回のメインイベントとして初公開される。ストーリーは、富士山麓に伝わる徐福伝説を追う高校生演劇部を舞台に、青春の淡い気持ちを描いたファンタジー。監督や出演者による舞台挨拶も実施されるので、撮影秘話など貴重な話が聞けるかもしれない。

次年度映画化される「第6回シナリオコンクール」にも注目が集まる。全国より集まった269編ものシナリオから栄えあるグランプリ作品が選ばれる。また、「グランプリ受賞作品の朗読劇」も初めての試みとして企画されている。コンクール表彰式前には、ことしのシナリオコンクール審査委員長を務める脚本家のジェームス三木氏による「爆笑人生論」と題した記念講演会も催される。

そのほかの上映ラインナップとして、『ジョフクの恋』のメガホンを取った五藤利弘監督の最新作品『ゆめのかよいじ』や、シナリオコンクール審査委員長のジェームス三木氏監督・脚本の『善人の条件』をはじめ、『カーズ2』『アリス・イン・ワンダーランド』『はやぶさ HAYABUSA』が揃う。

映画上映以外にも、会場内では、映画祭食堂が登場するほか、『ジョフクの恋』写真展も催され、スチール&撮影風景の写真が展示される。2月23日(土)には、映画祭の情報交換会・懇親会として映画祭交流会もある。

充実のラインナップが入場料無料で楽しめる「富士山・河口湖映画祭」。ぜひこの機会にさまざまな作品を堪能しよう。

■第6回富士山・河口湖映画祭

■開催日
2月23日(土)~24日(日)※2月25日(月)特別上映会あり

■開催地
勝山ふれあいセンター「さくやホール」(山梨県南都留郡富士河口湖町勝山4029-5)、ほか

■料金
無料

■問い合わせ
富士河口湖町教育委員会文化振興局(河口湖ステラシアター)
TEL:0555-72-5588(火曜日休み)
富士河口湖町観光課
TEL:0555-72-3168(土・日曜日休み)

■スケジュール
2月23日(土)
会場:勝山ふれあいセンター「さくやホール」
9:30~ 9:50 オープニングセレモニー
10:00~12:05 『善人の条件』上映
12:45~14:15 『ジョフクの恋』上映&舞台あいさつ
14:30~15:30 記念講演:ジェームス三木『爆笑人生論』
15:45~17:30 第6回シナリオコンクール表彰式&グランプリ作品朗読劇

会場:チョイスキッチン
19:00~21:00 映画祭交流会
※食事・飲物含み3000円
 申し込みは富士河口湖町観光課 TEL:0555-72-3168  メール:kanko@town.fujikawaguchiko.lg.jp

■2月24日(日)
会場:勝山ふれあいセンター「さくやホール」
10:00~11:40 『ゆめのかよいじ』上映&舞台あいさつ
12:40~14:35 『カーズ2』上映
14:55~16:45 『アリス・イン・ワンダーランド』上映
17:05~19:00 『はやぶさ HAYABUSA』上映

■2月25日(月)
特別上映会
会場:健康科学大学 B棟講義室
15:00~17:00 『ジョフクの恋』 『鐘楼のふたり』上映
※一般の方も入場可能

富士山・河口湖映画祭ポスター

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索