現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【連載/沖縄エンタんちゅ】12<トゥエルヴ>(アーティスト)

2013年01月25日

【連載/沖縄エンタんちゅ】12<トゥエルヴ>(アーティスト)

2012年12月にCDデビューしたばかりのユニット、12<トゥエルヴ>。生まれ故郷の沖縄を拠点にソロ活動を続けてきたウエサトモトシ(以下/ウエサト)と、サースティロードのギタリストであり、様々なアーティストのサポートギターとしても活動してきた中嶋成臣(以下/中嶋)。まったく異なる“音楽道”を歩んできたお二人に、結成の経緯や、今回リリースしたシングル『シェイクスピアにも書けない魔法』について、たっぷりと語ってもらった。



 
 
--どういった経緯でユニットを組むことになったんですか
ウエサト:2012年1月に開催された「ガン患者支援コンサート」で、僕のサポートギタリストの方が参加できなくなり、ギタリストを探していたときに、最初にパッと思い浮かんだのが成臣で。彼しかいないと(笑)。
 
--それは直感的に?
ウエサト:そうですね。以前からイベント等ではよく顔を合わせ話もしていたしね。もちろん成臣が演奏するギターの音も知っていたし。一緒に音を出してみたいなと思ったのは5年くらい前かな。
中嶋:長い片想い(笑)。
 
--5年も声を掛けなかったのには訳があるんですか?
ウエサト:お互い各々で活動してたから、一緒に活動することは叶わないと思っていたのだけれど、ガン患者支援コンサートの時に思い切って声をかけてみようと決意したんだよね。それでダメだったらダメで諦めようとも思っていたけど。告白みたいだよね(笑)。でも散々悩んだ末に声を掛けたのに、成臣は即答で「あ、いいよ」だって。ちょっと拍子抜けした。
中嶋:もうちょっと考えて返答すれば良かったかな(笑)。
 
--逆に中嶋さんはウエサトさんのことをどう思われていたんですか?
中嶋:僕も機会があれば一緒にやってみたいという気持ちはありましたね。共通のファンの方から「一緒にやってみたら?」という声もありましたし。音を合わせたりしたことはなかったんですけど、モトシのキャラクターというか、一緒にやってみたら楽しいだろうなと。空気感というか、何か面白いことができそうだなと思ったんです。なので、僕も直感ですね。
 
--面白いこととは曲作りの面でということですか?
中嶋:まぁ、それもありますね。
ウエサト:僕も、ソロでやっている時とはまた違ったことができるんじゃないかという期待はありましたね。“おりこうさん”なイメージを持つファンの方も多かったようなので、表現の幅を広げる為にそのイメージを払拭させたかったというのもあって。
 
--楽曲の制作はどのようになさっているんですか?
中嶋:僕が先に曲を作って、モトシがそれに詞を乗せていますね。特に決まりはなくて、お互いにできたものを形にしていければいいんじゃないかなと。
 
--「シェイクスピアにも書けない魔法」は歌詞が独特だったので、てっきり歌詞が先行だと思っていました
ウエサト:“シェイクスピア”って言葉が出てきたのもこのメロディがあってこそで。ひとりで制作していた時には思いつかなかった表現や言葉が、不思議なほど次々と並ぶんです。僕としては、メロディ先行の楽曲制作の方が面白いものができるなという感覚ですね。
 
--中嶋さんは曲を制作するにあたって気を付けていることはありますか?
中嶋:別にヨイショする訳ではないですけど、純粋にモトシの声は甘くていい男性の声だなと思っていて(笑)。それが彼の大きな武器なので、その声を活かせる曲をどんどん作っていきたいですね。
ウエサト:僕は、今まで歌ってきた経験も生かしつつ、自分の声の可能性の引き出しを開けてみたい。
中嶋:10年前だったらできなかったこと、この歳だからこそ実現できることもあるので、色々なアプローチができたらいいなと思っています。
 
--今後12<トゥエルヴ>はどうありたいと思いますか?
中嶋:音楽をやっている喜びを、僕らの音楽を通じて、聴いてくれた方に伝えていけたら嬉しいですね。
ウエサト:歌の中で伝えたいことがまだまだたくさんあるので、そのメッセージを必要としてくれる方の魂に響く音楽を届けていきたいですね。
 
--最後に、2月1日(金)に開催されるライブ「12<トゥエルヴ>と“Outputで会うとGood★ Vol.1”」への意気込みをどうぞ
中嶋:今回のライブは、他のアーティストにも出演して頂くので、ご来場された方々に12<トゥエルヴ>以外のアーティストとも出会える喜びや楽しさを感じて頂けるライブにしたいですね。
ウエサト:お客様はもちろん、出演者も含め、新しい(音楽の)出会いが生まれる空間を作りたいなと思っています。楽しみです!!
 
ジャンルに縛られない楽曲を作っていきたいと考える彼らの姿勢は、ミュージシャンとして別々の道を歩み続けてきた2人だからこそ生まれたものであろう。キャリアを積んだ今でもなお、音楽をとことん楽しんでいる12<トゥエルヴ>の今後の活躍に期待したい。
 
取材協力:カフェ「santeria plus」(沖縄県那覇市松尾2-12-35)

■ライブ情報
「12<トゥエルヴ>と“Outputで会うとGood★ Vol.1”」
日時:2013年2月1日(金)開場:18:30~、開演:19:00~
場所:ライブハウス「Output」沖縄県那覇市久米2-5-7 久米ビルB1
出演:12<トゥエルヴ>/伊禮俊一/そべぽーぽー/一日乗車券
チケット:前売り/当日1500円(1ドリンク代別)
※チケットの予約はHPまたはローソンチケット(Lコード:84162)
お問い合わせ:TEL098-943-7031(ライブハウスOutput)

「12<トゥエルヴ>インストアライブ」
日時:2013年2月2日(土)13:00~/16:00~
場所:イオン那覇店

「やえせ桜まつり」
日時:2013年2月3日(日)15:00~16:00頃(約30分ステージ)
場所:八重瀬公園(八重瀬町富盛)

【CD情報】
■2012年12月12日リリース『シェイクスピアにも書けない魔法』
定価:1200円(税抜価格 1142円)
高良レコード店店頭または高良レコード店通信販売サイト
(http://www.takara-r.com/)より購入可能

中嶋成臣(G./写真左)ウエサトモトシ(Vo./右)
ウエサトモトシ
中嶋成臣
12 <トゥエルヴ>インタビューの様子
12 <トゥエルヴ>インタビューの様子
12 <トゥエルヴ>

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索