現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 「ドクターX」の好調でテレビ朝日が開局以来初のプライム帯トップ視聴率を獲得&2013年も怒濤の大作ラッシュ!!

2013年01月03日

「ドクターX」の好調でテレビ朝日が開局以来初のプライム帯トップ視聴率を獲得&2013年も怒濤の大作ラッシュ!!

ドラマ「ドクターX~外科医 大門未知子」/(C)テレビ朝日

ドラマ「ドクターX~外科医 大門未知子」/(C)テレビ朝日

2012年1年間の平均視聴率の集計が終わり、テレビ朝日が開局以来初となる年間プライム(19:00~23:00の時間帯)トップとなる、平均視聴率12.5%を記録したことが発表された。さらに、ゴールデン(19:00~22:00の時間帯)でも平均12.2%(開局以来初の2位)、全日としては平均7.7%(4回目となる2位)と、総じて好成績となった。

テレビ朝日は1959年2月1日に開局され、2005年に年間、年度ともにプライムタイムの平均視聴率2位となるなど、着実に数字を獲得していった。

そして、2012年は、サッカーW杯最終予選やフィギュアスケートGPシリーズなど、人気、爆発力のある、テレビ朝日十八番のスポーツ番組で高視聴率を獲得。さらには、ドラマでも「相棒」の安定的な強さに加えて、米倉涼子主演の「ドクターX~外科医 大門未知子」が民放ドラマとしては年間1位の平均視聴率を記録する大ヒットとなった。15分拡大となった最終回では平均24.4%(瞬間最高は29.8%!)と、近年のドラマとしては非常に高い数字をマーク。続編放送決定の噂も飛び出すなど、まだまだ話題を呼びそうだ。

さらに、バラエティーでも「お試しかっ!」「Qさま!!」「ロンドンハーツ」など長寿番組が安定的な視聴率を獲得、報道番組でも「報道ステーション」がベルトで好調を維持し、その土台を支えた。

報道系番組でのトピックスとしては、年間で横並びトップの視聴率となった「スーパーJチャンネル」が全日帯2位の成績に大きく貢献。そして、この番組がプライム帯への玄関口となっていることから、今回のプライム帯トップの結果を導き出した要因の1つと言えそうだ。

テレビ朝日としては、2013年度は経営計画「デジタルVビジョン」の最終年度で、開局55周年の記念期間と重なっている大きな節目の年。2013年2月1日の開局記念日から1年2カ月の期間を、“55周年記念期間”として、大型ドラマやプレミアム感のあるバラエティー特別番組を続々と投入していく。

“55周年記念”の冠を付けた特別番組は2012年の12月から始まっているが、今後も1月19日(土)には、黒澤明監督の名画と評される『野良犬』(1949年)を、テレビ界の名匠・鶴橋康夫監督が大型ドラマスペシャル「野良犬」(江口洋介、広末涼子ほか出演)としてリメーク。2月2日(土)、2月3日(日)には、2夜連続で作家・白川道(とおる)氏の同名小説をドラマ化した「ドラマスペシャル 最も遠い銀河」(三浦友和、伊藤英明ほか出演)、さらに、春には、田村正和、仲間由紀恵の共演による時代劇ドラマスペシャル「上意討ち~拝領妻始末」と、大作の放送が続く。

スポーツでは、3月に野球WBC、4月にフィギュアスケートの国別対抗戦、夏には世界水泳も控えている。

テレビ朝日は今回の結果を受けて、「昨年1年間、チャレンジャーとして貫いた姿勢を崩すことなく、1人でも多くの視聴者の皆様に愛していただけるようなテレビ局を目指し、今後も真面目に、思い切って取り組んで参ります。本年もご支援、ご愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます」とコメントを発表した。

※本文中の視聴率はすべてビデオリサーチ調べ

ドラマ「ドクターX~外科医 大門未知子」/(C)テレビ朝日
ドラマ「ドクターX~外科医 大門未知子」/(C)テレビ朝日
黒澤明ドラマスペシャル「野良犬」 /(C)テレビ朝日
黒澤明ドラマスペシャル「野良犬」 /(C)テレビ朝日
ドラマスペシャル「最も遠い銀河」/(C)テレビ朝日
ドラマスペシャル「最も遠い銀河」/(C)テレビ朝日
ドラマスペシャル「上意討ち~拝領妻始末」/(C)テレビ朝日

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索