現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 「ガリゲル」がNOTTVとコラボ!ライセンス司会の「ガリガリゲル」が放送スタート

2012年12月28日

「ガリゲル」がNOTTVとコラボ!ライセンス司会の「ガリガリゲル」が放送スタート

キングコングの西野亮廣が司会を務めるバラエティー「ガリゲル」(読売テレビ制作)が、2013年1月9日(水)よりスマートフォン向けの「NOTTV」で放送されることが決まった。

「ガリゲル」は、人とつな“がり”、人をつな“げる”というタイトルの由来にもある通り、コミュニケーションを通じてさまざまな人間模様を紡ぎ出し、関係をつないでいく様子を映し出すバラエティー。司会はキングコング・西野亮廣と読売テレビアナウンサーの吉田奈央。

その「ガリゲル」がNOTTVとタッグを組み、「ガリガリゲル」としてスタートする。司会は、「ガリゲル」でも人気コーナー「夜どうなってんの?」を担当しているライセンス。

「ガリガリゲル」の初回でオンエアされるのは、「ガリゲル」でも人気の企画「アニメ大喜利」。主に読売テレビで放送されたテレビアニメの名シーンをお題として、芸人たちがその映像に合わせて自由にアフレコして笑いを作り出していく。

アフレコに挑むパネラーは、ライセンス・藤原一裕、カナリア・安達健太郎、2700・八十島とツネ、読売テレビの三浦隆志アナウンサー。ライセンスの井本貴史と吉田奈央アナは進行役を務める。

このほど、都内で4回分の収録が行われ、「宇宙兄弟」「輪廻のラグランジェ」「ブラック・ジャック」「ヤッターマン」「元祖天才バカボン」など、過去の名作から現在放送中の作品まで、個性豊かなアニメ作品が出題された。

この企画のエースと言える安達は、予想だにできない着眼点のアフレコを連発し、爆笑を誘う。先輩の藤原も負けじと安定感のある回答でスタジオに笑いを巻き起こし、三浦アナも「うまい」と唸るダジャレを入れたアフレコを披露して奮闘する。一方、いい流れに乗れなかったのが2700。特に、ツネは絶不調でスベり倒し、井本やほかのパネラーがイジッて笑いに変えるという悲しい展開に…。その後、ツネを取り囲む環境が徐々に変化していき、それがまた新たな笑いを生んでいく。

収録後に記者会見に臨んだ藤原は、「MCという立場をやらせてもらう機会がない。せっかくなので、攻めた事をやっていきたい」と意欲を。相方の井本も、「今後はこっち(『ガリゲルゲル』)しかない企画をやっていけたらいいと思います。このままの勢いで『ガリゲル』のMCもライセンスがやります!」と、勢いとやる気を見せた。勇ましいライセンスの姿を見た吉田アナは、「今後は西野さんとライセンスの対決が見たいです!」と、リクエストした。

今後は、「ガリガリゲル」オリジナルの企画など、NOTTVだからこその企画が展開できれば、新たな視聴者層を獲得できそうだ。

NOTTV新番組「ガリガリゲル」
2013年1月9日(水)スタート 毎週水曜22:30~23:00に放送

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索