現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 宮川大輔主演ドラマでボクサー・しずちゃんと元キックボクサー・武田幸三が共演!

2012年12月21日

宮川大輔主演ドラマでボクサー・しずちゃんと元キックボクサー・武田幸三が共演!

2013年1月クールの読売テレビ・日本テレビ系木曜深夜枠の新ドラマとして、「お助け屋☆陣八」が放送されることが分かった。

同作品は、「女帝」「夜王」「嬢王」「帝王」などのコミックを手掛けた漫画家・倉科遼氏が原案を担当する痛快エンターテインメント。東京の下町を舞台に、裏家業として“お助け屋”を営む3人組が活躍する姿を描く。

“お助け屋”のメンバーは、先代(加藤茶)の後を継ぎ、人力車「陣屋陣八」の5代目として人力車の車夫をする緒方健二(宮川大輔)、元研修医で今はアルバイト気分でホストをしている井口達也(小泉孝太郎)、キワモノ芸で人気を博す向島の名物芸者・ポン太(しずちゃん・南海キャンディーズ)の3人。

ほか、「キッチン時代屋」のオーナーで健二を見守る神谷輝道役として、元キックボクサー・武田幸三、その娘・神谷萌役として有村架純の出演が決まっている。

宮川は「主演と聞いてドッキリかと思いました。同時にすごく大きな責任を感じています! 演じることは昔から好きなので本当に楽しみ。小泉さんとからめてうれしいですし、しずちゃんともいつかお芝居をしたいと思っていたんですよ。キャラクターに関してはあまり作り過ぎず、監督の言うことを素直に聞いてやっていきたいと思っています」と、心境を告白。そして、「浅草のような、人の活気のある場所、大好きなんですよ。プライベートでも時々行きます。今回の役は大阪弁ですし、自然体で頑張って、みんなが面白がってくれるよう頑張ります」と、意欲を見せた。

また、初のホスト役を務める小泉は、「個人的に楽しみです。刑事役としてガサ入れでホストクラブに潜入したことはありますが(笑)。お笑いの方に囲まれて収録するドラマは、初めてなのでとても楽しみにしています。達也は、きっと過去は純粋で正義感も強かった気がするんですけどね。今は人や世の中に対しても冷めてるみたいです。きっとドラマの中で何かに気づいていくんでしょうね。お助け屋がもし世の中にいたら、最新技術(IT系)を教えてほしいですね」と、コメントした。

そして、しずちゃんは、「時代劇とかアクションとか一番やりたかったので今回のドラマはぴったり! 着物を着ると、自然と動きも気持ちもおしとやかになっていいですよね。本格的な白塗りをしてみて菊川怜さんに似てるなーと(笑)。大輔さんとはいつも無言でパンチし合うだけの仲でしたが、すごく素晴らしい人なので共演できてうれしいです。山ちゃんがいないのも良い気分転換になりますね。お助け屋がもし世の中にいたら、国内にいない自分と同じ体格のボクシングの練習相手になってほしいですね」と、おどけた。

「ドラマを見た夜は、ちょっぴり勇気が持てて、明日も頑張ろうかな、なんて思いながら、気持ちよく眠りにつけるかもしれない。そんな思いでこのドラマを企画しました」(読売テレビ)との言葉通り、格好悪くてもあきらめず、無謀にも悪に立ち向かう3人の頑張る姿が、見る者に勇気を与えてくれそうだ。

ドラマ「お助け屋☆陣八」(全12話予定)
2013年1月10日(木)スタート 毎週木曜23:58~24:38 読売テレビ・日本テレビ系で放送

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索