現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】県内初!「ホテル日航那覇グランドキャッスル」朝食メニューにサプリメントが仲間入り

2012年10月17日

【沖縄】県内初!「ホテル日航那覇グランドキャッスル」朝食メニューにサプリメントが仲間入り

沖縄・那覇市の「ホテル日航那覇グランドキャッスル」では、レストラン「セリーナ」の朝食ブッフェに、沖縄県内では初となる「サプリメント(栄養補助食品)サービス」コーナーが新設された。

「ホテル日航那覇グランドキャッスル」は、1973年に日本航空開発(現JALホテルズ)の国内初のホテルとして開業。史跡に囲まれた首里の丘に建つ、全333室のアーバンリゾートホテルだ。

「セリーナ」で提供されるサプリメントは、アメリカで最も支持をされているブランド「Nature Made.(ネイチャーメイド)」のもの。ビタミン12種類とミネラル7種類がバランスよく含有された「マルチビタミン&ミネラル」をはじめ、エネルギー産生に欠かせない「コエンザイムQ10」、美容と健康に効果的な「ビタミンC500」、青魚に多く含まれる成分EPA/DHAが配合された「フィッシュオイル」のほか、「鉄」「葉酸」「亜鉛」「L-カルニチン」「グルコサミン」の全部で9種類となる。

現代人の食生活において、ライフスタイルの変化や食物の栄養価低下、食の欧米化などの影響で、栄養バランスが崩れがちになっている栄養素を手軽に摂取できるサプリメントは、近年、需要が高まり、若年層から高齢者まで増加傾向が見られる。

ホテル側は「出張で宿泊をしているビジネスマンのエネルギー補助や観光で訪れた沖縄での強い日差しをケアする女性たちに手軽にサプリメントを摂取していただき、充実した滞在をしていただく一助になればと考えて、本サービスを開始しました」とコメントしている。

各ホテル朝食メニューに趣向を凝らす昨今、この「サプリメントサービス」は日本人ビジネスマンや観光客のみならず、海外からの観光客にも大いに評価されそうだ。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索