現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【SIGMA FES2012】ライブもトークもハイテンション!ナオト・インティライミ登場!

2012年10月12日

【SIGMA FES2012】ライブもトークもハイテンション!ナオト・インティライミ登場!

5組目に登場したナオト・インティライミ

5組目に登場したナオト・インティライミ

10月8日に沖縄・西原マリンパークで行われた「UNIVERSAL MUSIC presents SIGMA FES.2012 in OKINAWA」。5組目のステージにナオト・インティライミが登場。10月とは思えない強い日差しも和らいだ中、鮮やかなイエローのシャツにオレンジのパンツ、そしてトレードマークのストローハットをかぶった彼が姿を現すと、会場は真夏に戻ったかのような熱気に包まれた。

“ナオト”コールが飛び交う中、“腕組みしてないで手を挙げて! もっと盛り上がって!”と言うように、パントマイムのようなコミカルな動きでオーディエンスをけしかけるナオト。“ダメダメ、やり直し”と言いたげな手振りをし、登場からやり直すという自由な演出に、会場から「え~~~!」とどよめきが上がる。ナオトならではの楽しいやり取りに、演奏前にもかかわらず会場はすでに大盛り上がりを見せる。「イエーイ! ハイサーイ!」とさらにハイテンションで再登場すると、勢いそのままに「おまかせピーターパン」でライブスタート。そのまま「HOT!HOT!」とアッパーチューンが続き、会場はオープニングからジャンプ&ハンドクラップでお祭り状態になった。

曲間のMCでは、「沖縄の人はすごいね。知らない曲でもこんなにノレるなんて! これ履歴書に書けるよ。“得意なこと、知らない曲でノレる”って(笑)」続けて「沖縄の言葉っていいよね。でも気をつけた方がいい言葉もあるよ。帰る時に“もう帰ろうね~”って言うでしょ? あれ合コンの場で言うと一緒に帰るのかと思っちゃうからね、“内地”の男は!」と軽快なトークで会場を沸かせまくる。「こんな話 して次の曲にいくのもアレだけど…聞いてください」と始まった3曲目はひたむきなラブソング「タカラモノ~この声がなくなるまで~」。そして「今のキミを忘れない」と心に響く歌が続く。しっとりと歌い上げた後、「沖縄でのライブは今回が初めて。すごく嬉しい。今度はツアーで来たい!」と強く告げると、会場からは大きな拍手と歓声が上がった。

ワンマンライブのような一体感に包まれる中、最新シングル「ナイテタッテ」のイントロが流れ出すと、会場はさらにヒートアップ。“la la la…”に合わせて全員でダンスをする。ナオトの「いい感じ!」の声に、観客は満面の笑顔と歓声で応えた。その後の「マワセマワセ」では、「なんくるないさ~ マワセマワセ♪」と、うちなーぐち(沖縄方言)アレンジを披露。ラストの「カーニバる?」まで怒涛のようなパフォーマンスで盛り上げまくったナオトは、「また後からね~」と沖縄風の別れのあいさつを残し、ステージを去っていった。“インティ(太陽)”“ライミ(祭り)”の名の通り、大輪の花火のようなライブに、観客は大満足で拍手を送っていた。

―ナオト・インティライミのコメント―
「沖縄のみんなのソウルを全身で感じました!感情を素直にむき出しに出せる沖縄のみんなが大好きです!次のツアーでも遊びに来るからみんな来てくれるかな~?(いいとも~!笑)」

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索