現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > まさに“宇宙初”!宇宙に滞在中の星出彰彦さんがアニメ「宇宙兄弟」のアフレコに挑戦

2012年10月07日

まさに“宇宙初”!宇宙に滞在中の星出彰彦さんがアニメ「宇宙兄弟」のアフレコに挑戦

(c)ytv/JAXA

(c)ytv/JAXA

宇宙兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション

アニメ化に続き、小栗旬、岡田将生による映画化もされた、小山宙哉による人気コミック「宇宙兄弟」。その「宇宙兄弟」が、今度は、まさに“宇宙レベル”の快挙を成し遂げた。7月15に打ち上げられた宇宙船「ソユーズ」で11月まで宇宙に滞在している宇宙飛行士・星出彰彦さんが、宇宙からアニメ「宇宙兄弟」のアフレコを実施したのだ。宇宙からのアフレコは、もちろん初めて。

JAXAでは毎回国際宇宙ステーション(ISS)に出発する宇宙飛行士とのやりたいことを公募しており、アニメ制作スタッフが星出さんの宇宙でのアフレコを応募して、見事に採用されたことで今回の企画が実現した。星出さんは本人役で登場する。

宇宙でのアフレコは、9月末に、星出さんが滞在しているISSとJAXAの筑波宇宙センターとを衛星回線でつなぐ形式で行われた。実は、今回のアフレコは、船外活動でのトラブルや、ISS運用システムトラブル、宇宙機スケジュールの変更など、予期せぬ事態が重なって予定より遅れての実現となった。

アニメの制作陣は事前に、台詞や演技の方向性を詳しく書いた脚本を、JAXA運用管制チームを経由で宇宙にいる星出さんのもとにメールで送付。星出さんは、それを使ってISSのカメラの前で演技し、その音声を筑波宇宙センターで収録した。

注目の出演シーンは、星出さんの出演に合わせて、原作にはないアニメオリジナルシーンが作られた。2人で宇宙に行くことを誓った主人公の兄弟・六太(むった)と日々人(ひびと)は、少年時代、ISSにいる星出さんと交信するJAXAのイベントに参加。そこで、星出さんから、宇宙飛行士への道を諦めなかった言葉を聞き、勇気づけられるという重要なシーンだ。

実際に星出さんは、応募資格を満たさなかったため宇宙飛行士の試験を一度は断念するなどし、3回目の挑戦で合格した。このシーンは諦めずに頑張れば夢は叶うという、子どもたちに向けた熱いメッセージが込められている。

また、番組では、今回の宇宙アフレコに際し、星出さんへの宇宙に関する質問を視聴者から募集。その質問に星出さんが自身の言葉で答えるシーンも併せて放送される。

宇宙アフレコが世界初の試みであると同時に、星出さんにとっても、人生初のアフレコ。無事に終えた星出さんは「なかなか難しかったですが、やり遂げました。どんなアニメシーンになるか、楽しみです」と、ホッと胸をなでおろした。

また、読売テレビの永井幸治プロデューサーは「宇宙からの生の声をそのまま視聴者に届けられる。日頃からリアルさを追求している『宇宙兄弟』にふさわしいシーンとなりました。臨場感のある本物の声を楽しみにしてください」とPRした。

今回収録したシーンは、11月4日(日)のアニメ第31話「ロケットロード」で登場する。

アニメ「宇宙兄弟」
毎週日曜 7:00-7:30 読売テレビ・日本テレビ系で放送中
※星出さんが登場する回は11月4日(日)に放送

星出彰彦さんのアニメ登場シーン/(C)小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索