現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【連載/沖縄エンタんちゅ】「はいたい七葉(ななふぁ)」声優陣に突撃インタビュー!(2)

2012年09月28日

【連載/沖縄エンタんちゅ】「はいたい七葉(ななふぁ)」声優陣に突撃インタビュー!(2)

「はいたい七葉(ななふぁ)」の声優陣にインタビュー。第2部では沖縄ならではの“あるある”や不思議な出来事を聞いちゃいました!

 

――三姉妹は方言をかなり使うと聞いたけど、その練習も今から?

 

松田:“那覇んちゅ”なので、実はそんなに方言使わないんですよね・・・


――地域によって、差がありますよね。実は、私もウチナーンチュですが、方言はさっぱり分からないんです・・・。台本で難しいところなどありますか?

松田:イントネーションとか難しいので、練習がんばります

五十嵐:とにかく名前が難しいですね。オーディションでも“喜屋武”を読めなかったです

――記者会見も役名を発表しても読めなかったと聞いたのですが…

五十嵐:苗字だけじゃなく、下の名前も難しい読み方の方が多いなって印象がありましたね。とりあえず、新垣(しんがき)さん、新垣(にいがき)さん、は多いんだな~って

――さらに新垣(あらかき)さん、新垣(あらがき)さんもいるんですよ! 全部で4パターンくらいあります

五十嵐:じゃあ、学校の先生は全パターン試してみるんですかね?

やびく:多分最初で聞いてると思います(笑)

松嵜:そうなんだ! 沖縄独特のアクセントも難しいな~って思って。オーディションのセリフで「はいさい」って書いてあって、一応、youtubeで言ってそうな動画を片っ端から見て(笑) でも、すごい微妙な感じで難しかったです! また、人によってテンションでも違うんです

五十嵐:テンション上げたらどうなるの?

一同:「はいさ~い!」

五十嵐:“さ~い”で伸びるんだね! あと、さっき松田さんが“那覇んちゅ”って使ってたからニヤッてしちゃった。本当に“ちゅ”って言うんだと思って

松嵜:ちなみに“ウチナーグチ”っていうのは、沖縄弁ってこと?

松田:はい。沖縄弁ってことですね

松嵜:なるほど! それも分からなくて。

五十嵐:最初聞いた時は駅の出口だと思いました。“東口”とか(笑) あと、“キジムナー”って初めて聞きました。何かの怪人かと・・・(笑)

 

――私はそういう設定が普通だったので、疑問に思うことがとても新鮮です

松嵜:“ガジュマルの木”とかも、みんな馴染みのある木なんですか?

やびく:すごくあります

五十嵐:でも、東京でも“ガジュマルの木”は売ってるよ。花屋で小さいお家用の苗を見たことある!

――果てしなく大きくなりそうですね(笑) ちなみに沖縄では“ガジュマル”はとても大きな木なんですよ

松嵜:きっと品種改良で小さい種類とかなんですかね。ちなみに、沖縄では売ってるんですか?

――“多幸の木”という名前で売ってるらしいです

松嵜:ひとつひとつすべて新鮮です!

五十嵐:なんか文化が違うっていう認識があって、どう違うんだろうってすごい興味あります。このアニメを通してそういう違いも見れたらいいなって思います

松嵜:収録前の沖縄に来れたので、この空気感を持ち帰れたらいいですね

――ちなみに、アニメのストーリーが不思議なことが起こっていく…というものですが、今まで不思議なことに遭遇したことってありますか?

五十嵐:金縛りとか?

松嵜:私は幽体離脱したことありますよ!

――詳しく聞いちゃってもいいですか!?

松嵜:小学校低学年の時に、家で寝てると上に引っ張られる感じがして、天井の方にいて下を見ると自分が寝ていることがありました。それが何回も続いて、一生懸命体に戻ったんです。でも、成長すると無くなったんですよね。大人になった今思うと、あれは何だったのかなって思います

――体に戻ろうと思って戻れるものなんですね~

松嵜:泳ぐようにして戻りました。…作ってないですよ(笑) 本当にあったんです!

――五十嵐さん、さっきの金縛りとは?

五十嵐:小学校6年生くらいの時にありましたよ! でも、幽霊に会うことはありませんでした。それ以来、不思議体験はないです。大人になると感覚が鈍感になるんですかね。ちなみに金縛りって、科学的に見ると何なんですかね? 元を調べてみると筋肉痛とか?

――いろいろありますが、きっと分からないほうが神秘的でいいのかなって思いますよね

五十嵐:そうですね。何でも真実を知ればいいってものではないですもんね(笑)

やびく:ちなみに不思議な出来事ではないんですが、私、偏頭痛持ちで特に雨が降る前は頭痛がするので自分が天気予報なんです(笑) で、雨が降ったら「やっぱりな~」と思って頭痛が止むんです!

――じゃあ、天気予報をチェックしなくても自分の体調で天気が分かるんですね!

やびく:それあります。なんとなく「今日は洗濯物を干さないでおこう~」とか思います(笑) 特に台風はぐわんぐわんします!

――今年は台風がいくつも来てますから、結構つらいですね

やびく:そうですねー。体質の話でスミマセン

――いえ、これは人体の不思議ですから(笑) では最後に読者に向けてメッセージをお願いします

五十嵐:沖縄と東京で1つのものを作るというのは、面白そうでもありどうなるのかな~とも思って今からワクワクしています。沖縄弁とか全く分からないので・・・。なんかウワサでは字幕が付くとか、付かないとか…(笑) 沖縄の人も新鮮に見れるんじゃないかなって思うし、私たちも世界観を表現できたらいいなと思うので、ぜひ楽しみにしてて下さい

松嵜:キャラクターのセリフが楽しく面白い感じなので、作品が完成して放送するのが今からすごく楽しみです。なので、みなさんと一緒に楽しんでいきたいと思います

松田:ウチナーグチとかも出てきて、沖縄の文化を再確認できるアニメだと思うので、ぜひ見て下さい

與那嶺:方言も最近はおじいちゃん、おばあちゃんしか使わない言葉になっているので、改めてこのアニメを通して沖縄独特の文化とか、エイサーとか「はいたい七葉」を通して伝えていけたらいいなと思います。あと、初めてのことばかりですので、私自身もいい体験になればいいなと思っています。視聴者のみなさんにはぜひ、見ていただけたらうれしいです。

やびく:個性豊かな女の子たちがいるので、見ていてとても楽しめると思ってるので、多くの沖縄の方や東京の方にも見てもらいたいです。東京の方と一緒に作品を作ったものを見ることは沖縄の良さを客観的に見れるすごくいい機会じゃないかと感じるので、私自身すごく楽しみにしています。

 

“ウチナーグチ”満載のアニメ「はいたい七葉(ななふぁ)」。10月6日の放送スタートがとても待ち遠しい! 沖縄発のアニメにぜひ注目だ!

【放送日時】琉球朝日放送(QAB) 毎週土曜17:55~18:00 ※10月6日(土)スタート

【ストーリー】喜屋武七葉(きゃんななふぁ)は、元気な中学生の女の子。おばぁが経営する沖縄そばの店「かめーそば」で高校生で美人の姉・七緒(なお)、小学生で霊感が強い「サーダカ」の妹・心七(ここな)と暮らしている。そんなある日、七葉の目の前で、ガジュマルの木に住み着いている精霊・キジムナーを封印するおまじないの釘が抜けてしまい…

【声の出演】與那嶺里都(喜屋武七葉)、松田るか(喜屋武七緒)、やびくかりん(喜屋武 心七)、松嵜麗(ニーナ)、井ノ上奈々(ラーナ)、五十嵐裕美(イーナ)、喜舎場泉(おばぁ)、新垣正弘(おじぃ)

與那嶺里都(喜屋武七葉役)
松田るか(喜屋武七緒役)
やびくかりん(喜屋武心七役)
松嵜麗(ニーナ役)
五十嵐裕美(イーナ役)

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索