現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【全国コミュニティシネマ会議2012 in 那覇】 全国からの支援のもと被災地に映画を届けるプロジェクト「シネマエール東北」で、一緒に笑って、一緒に泣く①

2012年09月14日

【全国コミュニティシネマ会議2012 in 那覇】 全国からの支援のもと被災地に映画を届けるプロジェクト「シネマエール東北」で、一緒に笑って、一緒に泣く①

「全国コミュニティシネマ会議2012 in 那覇」1日目の9月8日。2つ目のプログラム「『シネマエール東北 東北に映画を届けよう!プロジェクト』レポート」が報告された。

「シネマエール東北」は、“映画から勇気や希望を与えられ、別の人生を自分の人生のように時を忘れて生きる2時間の体験が、人のくじけそうな気持ちを支えてくれる”として、東日本映画上映協議会の活動のもと、コミュニティシネマセンターが行っている映画上映プロジェクト。映画を届けることで、映画を愛する世界中の人々が被災地を見守っているということを被災地の皆さんに伝えていきたいという思いからスタートした。

届けられる映画は、映画会社の厚意により無償提供された40作品。2012年3月末までで、160会場のべ212回、4月以降も43会場61回の上映会を行い、参加者は8000人を超えたという。なにより全国の映画ファンの支援、各地の映画関係者、映画制作会社からのさまざまな支援やボランティアの協力により、継続した上映会が実現できた。各地の映画館では募金箱が設置され、映画ファンと被災地をつないでいる。また、映画館から被災地の方へのプレゼントが贈られることもあるという。

岩手県沿岸でただ1つの映画館、みやこシネマリーン(櫛桁一則支配人)は、映画館を再開しても来られる人が限られるため、行けるところに映画を持って行こう、と出前上映会を始め、避難所や小学校などで巡回上映活動を開始。独自の上映会活動とシネマエール東北での活動を合わせ、岩手県沿岸7市町村で、32回のべ2199人へ映画の楽しい時間を届けている。冬の時期はまず雪かきからスタートした。映画グッズや全国から寄せられた文具類のプレゼントも。仮設住宅に入ってからのお年寄りの孤立などを少しでも防ぎ、人とのつながりや憩いと楽しみの場としての上映会をと考え、「なつかシネマ」「キッズシネマ」と2会場で上映を行っている。また、“楽しみ”がないので、子どもたちと一緒に遊んだり、お年寄りと話をしたり、2時間という時間を楽しんでもらおうと考えた。

「上映会のスタート当初は、子どもたちの素直な反応に驚きましたが、子どもたちに負けず劣らず、お年寄りの皆さんの反応はすごくて、楽しいシーンではみんなで大笑いし、感動の場面では涙。どの会場も温かい雰囲気でした。来てくれる方々のほとんどは映画全盛期に子ども時代、青春時代を過ごした人たち。当時は岩手県沿岸部のどんな小さな町にも映画館があり、映画というものが本当に身近にあった世代。沿岸部からは映画館はどんどん無くなり、映画というものが遠い存在になっている状況ですが、久しぶりに観る映画、大きなスクリーンに向かってみんなで笑ったり泣いたりと、あらためて映画の楽しさ魅力を感じてもらった」と櫛桁さん。

どこの会場でも「何十年ぶりかに映画を観て、楽しかった」「震災以来こんなに大笑いしたのは初めて」「昔は映画館がたくさんあった。なつかしい」と声をかけられたという。『男はつらいよ』の映画では、一緒に笑って、一緒に泣いて、「寅さんの家族になったようだ」とも。「映画じゃなくて、映画を観ているみんなの顏ばっかり見てました」と語る櫛桁さん。みんなで観て同じ空間を共有できる映画の力を再確認したという。

5月27日は100回記念上映会を開催。全国から340枚届いた、温かい応援メッセージが書かれた黄色いハンカチが青空の下はためき、エールが届けられた。上映会では、ただ映画を観て終わり、ではなく、上映の前後に茶話会や芋煮会、流しそうめん会などを設け、交流の場となった。「他のサロンイベントなどには出てこない人も映画だったら出てくる」という声も聞こえ、仮設から出てきて集まれるよいきっかけになっている。

岩手沿岸部は広く、遠方になればなるほど、繋がりや伝い手も少ない。地域に根ざして活動してゆく団体と協力し、つながりを大切にしてゆきたい、と櫛桁支配人。これからは、まだ行っていない場所や仮設などでの上映会を継続して行うことと、なかなか仮設集会所に足を運びづらく、支援も少ない“みなし仮設(民間アパートや公営住宅など)”や在宅の方などにも気軽に足を運んでもらえるよう、地区公民館など公共施設での上映会を多くし、今後、この活動を長く継続してゆくために、今以上に楽しんでもらう仕組み作りを考えていく。

映画応援団「シネマエール東北」
東北に映画を届けよう!プロジェクト

◎ 主催
一般社団法人コミュニティシネマセンター
東日本映画上映協議会
◎ 共催 (現地事務局・実施団体)
岩手県:みやこシネマリーン
宮城県:NPO法人20世紀アーカイブ仙台
福島県:山形国際ドキュメンタリー映画祭
     山形県映画センター
     フォーラムネットワーク

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索