現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【全国コミュニティシネマ会議2012 in 那覇】 那覇市を盛り上げる、5人が桜坂劇場へプレゼンテーション

2012年09月14日

【全国コミュニティシネマ会議2012 in 那覇】 那覇市を盛り上げる、5人が桜坂劇場へプレゼンテーション

9月8日・9日の2日間にわたって、沖縄県那覇市の桜坂劇場で「全国コミュニティシネマ会議2012 in 那覇」が行われた。コミュニティシネマセンター(東京都渋谷区)が年に一度行っているもので、センターの活動報告や全国の単館系劇場、ミニシアターの情報交換の場として、多くの映画関係者が集まるこの会議。地域に愛されるミニシアターの成功例として、全国的にも名の知られる桜坂劇場を舞台に、沖縄初開催となった今年の模様を紹介する。

「全国コミュニティシネマ会議2012 in 那覇」1日目の9月8日。開会式の主催者あいさつに、コミュニティシネマセンター事務局長の岩崎ゆう子氏が登壇し、実施した今年1年間の活動を報告。「文化の事業で仕事を創造し、継続的に続けていく仕組みを作っていきたい」と開場へ集まった各関係者へ協力を呼び掛けた。

初日のスタートを飾るプログラム「魅力的なまち・那覇をかたちづくる人たち~桜坂劇場のまわりにいる人たち」では、那覇を中心に観光や文化事業で、それぞれオリジナリティー溢れる活動を展開する5人が“桜坂劇場と共に何ができるか”をテーマに、熱いプレゼンテーションを行った。

初めに登場したのは「シマ豆腐紀行 遥かなる<おきなわ豆腐>ロード」など数々の著者で、現在公開中の映画『栄町市場 歌えマチグヮー』の舞台である“栄町”を愛して止まない、宮里千里さん。うちなーグチで自己紹介を行い「栄町は“音楽”、桜坂劇場は“映画”で、街と劇場の繋がりを今後もアピールしたい」と語った。

2人目は、市民が町づくりに関わること、そのためにさまざまな活動を行う「NPO法人まちなか研究所わくわく」から、事務局長の宮道喜一さんが登場。町が大きく変化する時期を向かえた今、町の魅力を掘り下げ、その歴史の重要さを説明し「劇場の歴史は、街の記憶として残せことができる」と、桜坂劇場のこれまでの歴史と未来に期待したいと語った。

3人目に登場したのは、桜坂劇場のショップでも多くの書籍が並ぶ、「超ローカルな沖縄県産本」をメインに出版する「ボーダーインク」の新城和博さん。県内の出版事情や、桜坂劇場で開催した朗読会など、これまでの劇場との関係を話し「ボーダインクの原作本を映画化し、ぜひ桜坂劇場で公開したい」と抱負を述べた。

4人目は、「わかさ公民館/NPO法人地域わかさ」で、フェイスペイントやボディを作って動物になりきる「若狭サファリパーク」など、公民館の枠を超えた企画を実施する宮城潤さんが登場。昨年に解散した、前島アートセンターでの理事長の経験を活かし「 “場所”が用意できれば、何かを始めるきっかけになり、人との繋がりが持てる」と語った。

プレゼンテーションの締めに壇上へは、那覇市内の名所をガイド付きでゆったりと散策しながら、歴史や文化について学べる観光メニューの「ガイドと歩く 那覇まちま~い」を実施する「那覇市観光協会」から、千住直広さんが登場。ガイドを通じた人材育成と地域活性化を目指し「人づくりは町づくり。地域を知れば知るほど、町づくりに繋がる」と語った。

5人のプレゼンテーションが終了し、桜坂劇場の下地久美子さんから劇場のプロフィールや活動報告、上映作品などが紹介され、次のディスカッションへプログラムは進行した。

年季の入ったうちなーぐちの自己紹介で会場を沸かせた、宮里千里さん。
「NPO法人まちなか研究所わくわく」の事務局長の宮道喜一さん。
超ローカルな沖縄県産本を出版する「ボーダーインク」の新城和博さん。
ユニークな企画を実施している「わかさ公民館/NPO法人地域わかさ」の宮城潤さん。
面内外から人気の観光メニュー「ガイドと歩く 那覇まちま~い」を実施する「那覇市観光協会」の千住直広さん。

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索