現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 米倉涼子がクール&ダーティーな女医に!「セクシーでアダルトな米倉涼子を目指します!」

2012年08月22日

米倉涼子がクール&ダーティーな女医に!「セクシーでアダルトな米倉涼子を目指します!」

テレビ朝日系では、10月クールの木曜21時枠で米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」を放送することを発表した。

同ドラマは、「勤務医」でも「開業医」でもなくフリーランスとして活躍する女性医師が活躍する医療ドラマ。米倉はその女性医師・大門未知子を演じる。

大門は、大学病院の医局に属さず、怪しい「医師紹介所」に所属しながらさまざまな病院を渡り歩いている。勤務時間は絶対厳守。医師免許不要の雑用は引き受けず、院内にありがちな権力闘争にも無関心だ。クール過ぎるため私生活や職歴は謎に包まれるが、外科医としての腕は超一流で、報酬も桁違いに高い。そんな彼女が日本の医学界を去ったのは金銭トラブルや医療ミスなどダーティーな噂があるが、その素顔は謎に包まれているという設定だ。

非常勤のスポット的な業務をこなす“フリー医師”の登場は、大学医局の弱体化によるヒエラルキーの崩壊、医師不足による勤務環境の悪化、訴訟リスクの増加などが相まって、近年日本でも増加傾向にあるのが現状。医療と金、医局と人脈が切り離せない現実の中、米倉演じる一人のフリー女医の破天荒な活躍を通して、医師の品格を問う問題作となりそうな作品だ。

脚本はドラマ「ナサケの女~国税局査察官」(2010年)でも米倉とタッグを組んだことのある中園ミホ氏が担当。独特のシニカルな視線とエンターテインメント性で、正義でも悪でもない真実を描き出す。

米倉は「今回わたしが演じる大門未知子は、ただひたすら己の腕と行動にプライドを持ち、任務を遂行するスゴ腕の外科医。勤務時間はきっちり守り、残業はナシ。必要以外の仕事も決してしない――そんなフリーランスの医師です」と役どころを紹介。

続けて、「日本のサラリーマン社会って、どこか『残業することの美学』みたいなものがあるじゃないですか。でも本当に仕事ができる人は、決められた時間内で仕事を終わらせ、残業などはせずに、その時間を自分のために使うと思うんです。“不本意ながら自分の人生を会社に捧げてしまっている”…そんな方々に、大門の生き方を見て、スカッとしていただけたらうれしいです」とアピールした。

テレビ朝日系のドラマでは「黒革の手帖」(2004年)で夜の銀座を舞台に男の裏金を奪い取る悪女など、どこか影のある女性を演じてきた米倉。「これまでに演じてきた女性のように“トラウマ”や“影”などはない女なので、このドラマではセクシーでちょっとアダルトな米倉涼子を目指してみようかな!(笑)」とおどける。

今年7月には念願のブロードウェーデビューを果たし、女優としてさらなる高みに到達した米倉が、満を持して臨む連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」。医療界の時事的問題という社会性も相まって、注目を集めそうだ。

「ドクターX~外科医・大門未知子~」
2012年10月スタート 毎週木曜 21:00~21:54 テレビ朝日系で放送

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索