現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 時代劇ドラマ初主演!北川景子が逆境にめげずに生きる女料理人を演じる

2012年08月06日

時代劇ドラマ初主演!北川景子が逆境にめげずに生きる女料理人を演じる

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

花散らしの雨 みをつくし料理帖

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)

天涯孤独の少女・澪が、江戸の町でさまざまな困難を乗り越え、料理人として成長していく姿を描く「ドラマスペシャル『みをつくし料理帖』が9月にテレビ朝日系で放送されることが分かった。

同ドラマは、髙田郁氏の「みをつくし料理帖」シリーズが原作。これまで7作刊行され、累計170万部を突破した人気時代小説だ。

シリーズ1作目の「八朔の雪」は、「週刊朝日」の「2009年歴史・時代小説ベスト10」「2009年度最高に面白い本大賞!文庫・時代部門」、「週刊文春」の「第2回R-40 本屋さん大賞 文庫部門」でそれぞれ1位を獲得、そして今年7月19日に発表された「この時代小説がすごい! 文庫書き下ろし版」(宝島社)でも、このシリーズが堂々ベスト1に輝いた。

「みをつくし料理帖」シリーズの人気の秘密は、何と言ってもヒロイン・澪が持つ人間的な魅力。舞台である江戸の世は、“女料理人”など受け入れられる時代ではなかった。女であるがゆえに正当に評価されることもなく、女性が料理人を志すことなど、あまりにも無謀。それゆえに、無慈悲ともいえる困難が次々と澪に振り掛かる。だが、彼女は決してくじけずに、自らの努力と創意で困難に立ち向かっていく。潰されて涙してもなお、自らの信じる道を行くために立ち上がるその姿に、観る者は感動を覚えること必至だ。また、澪と謎の浪人・小松原との淡い恋も描かれる。

ファンの間で映像化が待ち望まれていた、その超人気時代小説シリーズを、ついにドラマ化。主人公・澪を演じるのは、北川景子。映画『花のあと』で時代劇に初挑戦し高い評価を獲得しているが、時代劇ドラマ初主演となる本作では、料理の道に生きるひたむきなヒロインを繊細に演じていく。

そして、澪が淡い想いを寄せる謎の浪人・小松原を、TOKIO・松岡昌宏が演じる。「必殺仕事人」シリーズなどで時代劇への思い入れも深い松岡が、言葉少なにヒロインを見守る“大人の男”を抑えた演技で表現する。

ほか、原田美枝子、貫地谷しほり、平岡祐太、室井滋、大杉漣ら幅広い世代の演技巧者たちが顔をそろえる。

脚本は、「秘密」(テレビ朝日系)、「Dr.コトー診療所」(フジテレビ系)、映画『涙そうそう』『ハナミズキ』などを手掛けたヒットメーカー・吉田紀子さん。監督は、映画『岳』をはじめ、数々のヒットドラマを演出してきた片山修氏。吉田さんも片山氏も、長いキャリアの中で時代劇を手掛けるのは初めて。 

第11代将軍・徳川家斉のもと、文化芸術の爛熟期を迎えていた江戸の町を舞台に、その活気に満ちた町人文化や物語を彩る料理の数々、そして、人情味あふれる人間模様を美しく鮮やかな映像で描き出し、まったく新しい時代劇を作り上げる。

ドラマスペシャル「みをつくし料理帖」
2012年9月 テレビ朝日系で放送

【出演者】
澪…北川景子
芳…原田美枝子
あさひ太夫…貫地谷しほり
源 斉…平岡祐太
又次…高橋一生
    ・
おりょう…室井滋
    ・
種市…大杉漣
(※漣の字はさんずい、二点しんにょうです)
小松原…松岡昌宏

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索