現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 今度は魔法使い!仮面ライダー新作「仮面ライダーウィザード」が今秋スタート

2012年06月28日

今度は魔法使い!仮面ライダー新作「仮面ライダーウィザード」が今秋スタート

(C)2012 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(C)2012 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

仮面ライダーの新シリーズ「仮面ライダーウィザード」が9月2日(日)よりテレビ朝日系でスタートする。このたび、その発表記者会見が開催され、主人公・操真晴人役の白石隼也ら出演者が登壇した。

「仮面ライダーウィザード」は、魔法の力を宿す「宝石」が埋め込まれた指輪で変身、魔法を駆使して悪と戦う仮面ライダー。番組プロデューサーの本井健吾氏は、今回のライダーに関して、「昨年は生誕40周年のアニバーサリーを無事に終えることができました。そして、今作が41年目の新たなスタートとなります。平成ライダーシリーズとしても14作目となります。今回の仮面ライダーは魔法使い。魔法の力を込めた宝石、その宝石がはまった指輪、そしてベルトを使って変身します。今回の作品は正義と悪が同じところから生まれるという『仮面ライダー』の哲学を踏襲、それを色濃く反映させたものとなっております」とコンセプトを披露した。

仮面ライダーウィザードに変身する操真晴人を演じる白石は、「『仮面ライダー』という長い歴史と伝統がある作品なので。小さなお子さんからお年寄りまで、どの世代にも通じる作品というのはなかなかないと思うので、そういう作品に出演できるのは光栄に思っています」と心境を語った。そして、「魔法使いということなので、魔法使いに見えればいいなと思っています。(小倉久寛演じる)輪島さんがいろいろな指輪を作ってくれるんですが、指輪ごとに出てくる魔法が違うので、いろいろな魔法に注目してもらえればと思います」と役としての注目ポイントを披露。

今回の物語のテーマは「魔法」。そこで、「もし魔法が使えたら?」と聞かれ、白石は「人間じゃないものとしゃべることができたら面白いと思います。今回のライダーでもかわいらしい小動物が出てくるんですが、動物とかと魔法を使って話せたら面白いだろうな」とはにかんだ。

ヒロイン・コヨミを演じる奥仲麻琴は「もしかして変身するんじゃないかと心配になったんです。お母さん世代にも人気のある作品でもあるので、たくさんの人に見てもらえるように頑張りたいと思います」と意気込みを披露。役柄に関しては「コヨミちゃんは常にテンションが低くて、低血圧の人の朝のような感じ。でも、それが私に似ていて、すごく演じやすいというか、自分が思うコヨミちゃんを演じられたらなと思っています。占いの力を持っているんですが、そこは皆さんに見てほしいです」とアピールした。奥仲も実際に魔法が使えたらどうするかと問われ、「透明人間になりたいです。透明になって普段見られないようなところに行ったりとか。透明になって存在を消してみたいです」とコメントした。

魔法使いを志し、晴人に弟子入り志願する青年・奈良瞬平を演じるのは、これまで映画や舞台への出演が多かった戸塚純貴。戸塚は「俊平は、人を疑わない純粋無垢でムードメイカーであり、トラブルメイカーなんですが、そんなところが自分自身に似ているんじゃないかと思っています。大好きな地元岩手から、俳優として岩手を盛り上げるために上京してきたんですが、東北のみならず全国に明るい元気と勇気を与えていきたい」と気合十分。

そして、裏で晴人の活動をサポートする警視庁の新米女性刑事・大門凛子役の高山侑子は、「小さいときから見ていたので、こういう番組に出させていただくということは光栄ですし、撮影が近づくにつれてプレッシャーとかあったんですが、1年間頑張りたいと思います」と、仮面ライダー好きだったことを明かした。彼女の実の父は元自衛官だったこともあり、今回の役どころを重く受け止めているそう。「刑事役ということなので、父のように人を守るという気持ちを演じられるように頑張っています。見どころは助けてもらうところですかね。まだ、どうなるか分かりませんが、見てもらいたいです」と決意をあらたにした。

また、宝石職人として魔法の石を指輪にする骨董店・面影堂の店主・輪島繁を演じる小倉久寛があいさつ。「僕は変身はしません。残念ながらというか、当然というか。ウィザードが使う指輪を作る職人でもあります。変身はしませんが、仮面ライダーの一部となって怪人と戦いたいと思います」と役どころを説明。長い役者人生の中で意外にもヒーローものは初めての経験だそう。「ヒーローものは初めてで、僕が変身できれば、もっと楽しかったと思うんですが、体も動きませんし。影ながら応援したいと思います。ただ、僕の役は不思議な役でいろいろ謎を秘めていて、ウィザードの誕生に関係があるような匂いがあるんですよね。これから掘り下げられて、最後には1回ぐらいでいいから変身できればいいかなって。ちょっと思っています。ライダーキックとかやりたいなって」と、野望を見せた。

今回、番組の主題歌を歌うのは、ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔。鬼龍院にとっては初めてのソロ作となる。「歴史ある『仮面ライダー』シリーズの主題歌を歌わせていただけるということで、うれしく光栄に思っております。ゴールデンボンバーはメンバーの心がバラバラになっているので、主題歌を歌うということもtwitterで知ると思うんですけど。ま、いっかなっと。あとあこがれのGacktさんに近づけて、それがすごくうれしいです。仮面ライダーのイメージ? とにかく強いですよね。あと、割りと腹筋にあこがれますね。僕にとっての魔法は厚化粧ですね。これが結構変わるんですよ。アイライナーの重要さとか分かりますよね。(白石を指して)すっぴんでここまでイケメンというのは素晴らしいと思います。いいもの持っているなって」とコメントした。

最後に出演者を代表して、白石が「平成ライダーシリーズも14作目とたくさんある中で、このキャスト、スタッフの皆さんだからこそできる、今までにない新しい『仮面ライダー』を作っていければと思っています。そして、仮面ライダーウィザードは希望を失い、絶望した人たちを助けることができるヒーローなので、僕らも負けないように精いっぱいやって皆さんから長く愛される作品にしたいと思います」と力強く宣言し、会見を締めくくった。

「仮面ライダーウィザード」
2012年9月2日(日)スタート 毎週日曜8:00~8:30 テレビ朝日系で放送

発表記者会見の模様/(C)2012 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
主人公・操真晴人役の白石隼也/(C)2012 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索