現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > テレビ朝日新人シナリオ大賞作を蓮佛美沙子&中川大志でドラマ化!

2012年06月20日

テレビ朝日新人シナリオ大賞作を蓮佛美沙子&中川大志でドラマ化!

テレビ朝日は、昨年実施した「第11回 テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」の大賞受賞作品「花の冠」を、9月にドラマとして放送することを発表した。

「テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞」は、未来の脚本家を育てるべく、テレビ朝日が2000年7月に創設。昨年の第11回には1495篇の応募があり、第1次~第3次選考を経て11編に絞られ、2011年6月22日に行われた最終選考(選考委員:脚本家の井上由美子、岡田惠和、両沢和幸の3氏)の結果、若狭大基(わかさ・だいき)氏の「花の冠」が大賞に選ばれた。

同作品は、連れ子同士という義理の姉弟関係を通して、血のつながりだけでは計ることのできない「家族の絆」「姉弟の絆」を描いたヒューマンドラマ。

“バツ2”の母・純子(斉藤由貴)の再婚話に頭を悩ませる男子高校生・桜(中川大志)のもとに、純子が7年前に別れた夫・大庭(眞島秀和)の娘・志保(蓮佛美沙子)が現れた。血はつながっていないものの、一時期は家族として過ごした義理の姉に当たる志保と再会し、桜はどう接していいのか戸惑う。そんな中、桜は志保の隠していたある現実を知る。

主演の蓮佛は、明るくさわやかな笑顔の中に暗い影を秘めた志保を繊細に演じる。一方、桜役の中川は、母の再婚、血のつながらない姉との再会に心揺れる高校生を等身大の演技で魅せていく。

現代社会に生きる家族が持つ問題をユーモラスなタッチでつづる「花の冠」。温かくも、ちょっぴり切ない、家族そろって楽しめるヒューマンドラマに仕上がっている。

【主な登場人物】
大庭志保…蓮佛美沙子
桜の義理の“元”姉。純子の前夫・大庭の連れ子。純子と大庭が離婚した後は父と共に暮らしていたはずだが、ある日突然、桜と純子の前に現れる。イギリス留学を控え、幸せそうな顔を見せるが、何か事情を抱えている。

平井 桜…中川大志
男子高校生。バツ2の母・純子と2人暮らし。ヤキモチ焼きの彼女もいる、ごく普通の高校生。成績は優秀。母親が3度目の結婚をすると聞いて複雑な感情を抱く。

平井純子…斉藤由貴
桜の母親。バツ2で、3度目の結婚を間近に控える。奔放な性格ではあるが、息子・桜と、“娘”志保を心から愛している。

大庭一郎…眞島秀和
志保の父親で、純子の前夫。最初はやさしかったが、会社をクビになったことをきっかけに酒に溺れ、桜と志保に暴力をふるうようになる。

秋野康志…矢柴俊博
純子の3度目の再婚相手。大手建設会社に勤務している。バツイチで、6歳の息子・昌志と4歳の娘・笑美を育てている。

長谷川千鶴…飯豊まりえ
桜の彼女。血のつながらない桜の姉・志保の出現にやきもちを焼く。

「花の冠」
2012年9月 テレビ朝日系で放送予定

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索