現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 幕末の琉球王国を舞台にした時代劇「テンペスト」が本格撮入!沖縄出身の仲間由紀恵が地元の魅力をアピール

2011年04月15日

幕末の琉球王国を舞台にした時代劇「テンペスト」が本格撮入!沖縄出身の仲間由紀恵が地元の魅力をアピール

幕末の琉球王国を舞台にしたBS時代劇「テンペスト」(NHK BSプレミアムにて7月17日スタート)の記者会見が4月14日、首里城(沖縄県那覇市)にて行われた。

真鶴(まづる)という名の女性でありながら、性別を偽り、孫寧温(そんねいおん)と名乗って政府の役人になった主人公を演じる仲間由紀恵、薩摩藩の武士・浅倉雅博役の谷原章介、寧温の好敵手・喜舎場朝薫を演じる塚本高史の3名が会見に出席。「テンペスト」の舞台版でも真鶴・寧温を演じていた仲間は、「今年はずっと真鶴と寧温と一緒に過ごしています」と、舞台に続きドラマでも主役を演じる喜びを語った。

当日クランクインを迎えた仲間は、孫寧温の男装の衣装で登場し、「全国に、素晴らしい琉球と、その歴史を見ていただけるという事で、がんばって励まねばと思っています」とコメント。続いて谷原は「この日本の大変な時期に、何とか一人でも多くの人を、そして日本を元気づける作品が撮れればなと思っています」とメッセージを送った。

また、沖縄ロケで楽しみにしている事を聞かれた仲間は「首里城も含めて、いろんな観光スポットでロケをやらせていただくんですけど、私は沖縄の出身なので(楽しみが)観光スポットだというのも寂しい話だと思うので(笑)。やっぱり沖縄の、世界に誇れるくらい綺麗な海と、空と、人の温かさ、そういうものに触れて、久しぶりにここに戻ってこられたという楽しみをかみしめたいと思います」と、故郷の魅力をアピール。対する谷原が「ロケでいろんな所に行くと聞いておりますので、いろんな沖縄そばを食べたいですね。午前中に撮影が終わった時は、早い時間から泡盛とか飲みたいです」と言うと、仲間も「いいですね!」と即座に賛同。さらに、沖縄に友人がたくさんいるという塚本は「地元の人と騒ぐのがいいですね。沖縄入りした翌日から飲み明かしました。俺の地元じゃないんですけど(笑)。エイサーとかも踊らせて貰って、沖縄は本当にいいところです!」と、「第2の故郷」だという沖縄で撮影する喜びを存分に語った。

その後、原作者の池上永一氏に向けて、仲間は「本当に先生が素晴らしい原作を書かれて、琉球王朝時代の色鮮やかな様子というのが素晴らしい文章で描かれていて。『キャストの皆さんにとても魅力的な方がそろっている』と直接先生から聞きまして、これだけで先生に嫉妬していただける作品になるんじゃないかと思います(笑)」と、ニッコリ。谷原も「本読みの時に隣に座っていた池上先生が『僕どの役やればいいの? どの役やればいいの?』とずっと言っていて、『じゃあ僕、浅倉やろうかな』って(笑)。でも『やらせねーぞ!』と。『やっぱり谷原くんにやってもらって良かった』って思っていただける作品にしたいです」と、池上氏のちゃめっ気あるエピソードを暴露しながらも、自信と熱意を垣間見せた。続いて仲間に「じゃあ締めで」と振られた塚本は「僕じゃ締まんないと思いますよ(笑)」。さらに谷原から「じゃあオチで」と畳み掛けられ、「オチもないんですけど(笑)。やってみないと分からないけど、僕がやらせてもらう、僕なりの朝薫ができればいいなと思います。期待というより、僕も未知なので、役と一緒に成長できたらと思います」と、熱い口調で締めくくった。

最後に仲間が「日本、そして世界の皆さんに、今も残る素晴らしい沖縄の歴史・文化を知ってもらい、もっともっと沖縄を好きになっていただければと思います。皆さまどうかご協力をお願いします」と地元・沖縄の人たちへメッセージを送った。

NHK BS時代劇「テンペスト」2011年7月17日(日)スタート(全10回)
本放送:毎週日曜18:45~19:30(7月17日は18:45~20:00)
再放送:毎週土曜11:00~11:45(7月23日は11:00~12:15)
【原作】池上永一 【脚本】大森寿美男 【演出】吉村芳之
【音楽】H.GARDEN 【主題歌】安室奈美恵「Tempest」
【出演】仲間由紀恵 谷原章介 塚本高史 高岡早紀 GACKT 高橋和也 若村麻由美
    金子昇 藤木勇人 平良とみ かたせ梨乃 八千草薫 奥田瑛二

「いろんな沖縄ソバを食べるのが楽しみ!」と笑顔で語る谷原
「役と一緒に成長できたら」と語る塚本
舞台となる首里城をバックに

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索