現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【沖縄】沖縄国際映画祭×ニコ生の日本初企画! 3・29に「ジャッキー・チェン」コメントがネットを賑わす?

2012年03月26日

【沖縄】沖縄国際映画祭×ニコ生の日本初企画! 3・29に「ジャッキー・チェン」コメントがネットを賑わす?

(C)1993, 2006 STAR TV Filmed Entertainment (HK) Limited & STAR TV Filmed Entertainment Limited. All

(C)1993, 2006 STAR TV Filmed Entertainment (HK) Limited & STAR TV Filmed Entertainment Limited. All

3月24日より開催中の「第4回沖縄国際映画祭」で話題を呼んでいるのが、世界最大の移動式スクリーン「Cine Screen 400」。3月29日(木)にはジャッキー・チェン主演の名作『少林寺木人拳』がこのスクリーンで上映される。さらに、同作の上映では「ニコニコ生放送」のシステムを使用し、会場やインターネットでこの映画を観ながらコメントを通じてリアルタイムに感情を共有できるソーシャル視聴プログラム「ニコニコ映画上映会」の形式を採用する。

これは、動画共有サイト「ニコニコ動画」の企画・開発などを手掛ける株式会社ニワンゴと沖縄国際映画祭とのコラボレーションで実現した企画。沖縄国際映画祭の第1会場である沖縄コンベンションセンター・ビーチステージに特設された、1500人以上の鑑賞が可能な移動式スクリーンでの鑑賞者も、「ニコニコ映画上映会」での視聴ユーザーも、同時に『少林寺木人拳』を観ながらパソコンや携帯電話を通じてコメントを書き込むことができ、感想を共有できるという、新しいスタイルの映画鑑賞法だ。通常、映画館ではパソコンや携帯電話の電源はオフにするのが基本だが、今回ばかりはむしろそれを歓迎し、コメント書き込みでの盛り上がりが期待されている。

この「ニコニコ映画上映会」は今回が2回目。前回は今年2月25日にユナイテッド・シネマ豊洲のスクリーン1で上映された『イヴの時間 劇場版』で実施。会場の観客も合わせて番組視聴者65000人、コメント数は51000件にのぼる大盛況となった。

ちなみに、今回の映画祭で導入された「Cine Screen 400」は、幅26.65m、高さ14.76mの巨大スクリーンで、大きさ的には25mプールを横にした面積とほぼ同等。日本国内には存在せず、今回、この映画祭のためにスイスから輸送した。最大8000人が鑑賞でき、「第64回ロカルノ国際映画祭」でも野外上映用に使われた。

上映作『少林寺木人拳』は1977年に製作された、父の仇を討つために特訓を積み、少林寺にある複数の木人(木製の精巧な武道人形)を相手に、秘術の限りを尽くす青年の活躍を描いたカンフー映画。ジャッキー・チェンが主演を務め、今なおファンの間でも人気の高い作品だ。ジャッキー・チェンのキレのいいカンフーが、オープンエアーの大スクリーンで鑑賞できる絶好の機会となりそうだ。

沖縄国際映画祭での上映は、3月29日(木)の19:00から。沖縄県出身の芸人・諸見里大介の司会進行で会場を盛り上げ、19:15から映画本編の上映がスタートする。

沖縄国際映画祭×ニコ生「ジャッキー・チェン 少林寺木人拳」(字幕版)/ニコニコ映画特別上映会
2012年3月29日(木) 19:00~生放送開始

「『少林寺木人拳』ニコニコ上映会」サイト
http://live.nicovideo.jp/watch/lv85892391

<ニコニコ映画上映会 ネットチケット>※特別上映料金設定
【前売券】プレミアム会員:50ポイント(50円、税込)/一般会員:300ポイント(300円、税込)
販売期間:2012年3月22日(木)15:00~2012年3月28日(水)23:59

【当日券】プレミアム会員:100ポイント(100円、税込)/一般会員:300ポイント(300円、税込)
販売期間:2012年3月29日(木)0:00~2012年3月31日(土)17:00

『イヴの時間 劇場版』の画面上に観客や番組訪問者のコメントが流れる
「ニコニコ映画上映会」での観客の様子
「ニコニコ映画上映会」での観客の様子

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索