現在の位置 : TOP > ニュース・トピックス > 【糸満市特集1】沖縄県本島最南端のまち糸満で「食べる」「見る」「体験する」

2021年10月07日

【糸満市特集1】沖縄県本島最南端のまち糸満で「食べる」「見る」「体験する」



沖縄本島最南端に位置し、古くからの習わしを受け継ぐ「海人(うみんちゅ)」の町としても知られる糸満市。

「糸満ハーレー」や「大綱引」などの伝統を大切にする糸満ならではのあたたかい人情が昔から今に至るまで町を支え、活気を生み出し続けている。市内には、マリンアクティビティーで美しい海を体感できるスポットや、琉球ガラス作りや自然を生かしたさまざまな体験、絶品グルメまで、ローカルな沖縄旅が楽しめるコンテンツが満載。

今回は、そんな糸満市の魅力を「体験」「自然」「グルメ」「スポット」の4項目に分けてご紹介。

【自然】
美しい海公園など沖縄らしい自然を感じるスポットが盛りだくさんの糸満市。市内をノンビリドライブしながら気持ちいい風をと共に美しい景色を堪能しよう。

【糸満漁港】
昔から、ハーレー鉦が鳴ると梅雨が明けるといわれ、満漁港中地区で、毎年旧暦の5月4日に行われる糸満ハーレー。海の恵みに感謝し、「大漁」と「航海安全」を祈願して、勇壮なハーレーは迫力満点。そんなハーレーが行われる漁港では自然を感じるスポットも多い。

【美々ビーチいとまん】
白砂がまぶしいビーチは1年中BBQを楽しめるのが魅力。ビーチサッカー・ビーチバレーエリアのほか、バナナボートなどのマリンアクティビティーも充実。西向きなので、夕陽ウォッチングにも絶好のスポットとなっている。

【大度浜海岸】
干潮時には美しいサンゴ礁の海でイノー観察を楽しめる自然海岸。県内有数のダイビングスポットとしても有名だ。鎖国中の幕末のジョン万次郎が上陸したことから「ジョン万ビーチ」とも呼ばれている。

【具志川城跡】
本島最南端に位置する城跡で、標高約17mの崖に築かれたグスクは国指定文化財にも指定されている。自然の石を積み上げた野積みの石垣が特徴となっていて、壮大な風景は、まさに圧巻。


もっと糸満市のことが知りたい方は、糸満市観光ガイドブック(TakeFree)に情報がたくさん掲載されているので、糸満市観光の際には、ぜひ参考にしよう。
 

配布場所/糸満市観光協会
沖縄県糸満市西崎町4-20-4(道の駅いとまん情報館)/098-840-3100

糸満漁港
美々ビーチいとまん
大度浜海岸
具志川城跡
糸満市観光ガイドブック

テレビ番組情報検索

都道府県を選ぶ

放送日を選ぶ

  • 放送日から
  • 曜日から

放送時間を選ぶ

ジャンルを選ぶ

キーワード検索